読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THAILAND’s blog

タイ在住の・・・。

タイの免許更新

年末に島でレンタカーを借りる予約をしてたら、必要なものにブッキングのバウチャー、クレジットカード、パスポート、免許とかいてあった。
免許の有効期限大丈夫かなと?見てみると車は問題なし、バイクは期限が半年ほど切れていた。(タイの運転免許証は日本のように1枚で車&バイクとはなっておらず、それぞれ1枚の免許証。)
タイでは切れてから1年は通常通りに更新できるらしいので、チャトチャックの陸運局へ。

f:id:THAILAND:20161130165218j:plain


前回の更新時に健康診断書が必要だったので、陸運局近くの前と同じクリニックに行った。えらくさびれちゃって営業してるの?と思うぐらいの感じで困惑。期限の切れた免許を見せて『ダイマイカップ?』(できますか?)と聞いたら、タイ語でなにか言われたが、気にせず『チャイカップ』と。血圧測って、心音聞いて、問診して50B。健康診断書をもって陸運局に。


陸運局には管轄ごとに建物が違うみたい。車検や、ナンバー登録や、免許取得などイロイロ。免許の更新は第4ビル。チャトチャック・ウィークエンド・マーケット側の入り口からだと一番奥の建物。

f:id:THAILAND:20161130165555j:plain

『あか〜ん しぃ〜』と書いてあるらしい。(ビルディング4)

 

2階のinformationで必要書類をチェック。担当者によって英語ができたりできなかったりするが、外国人とわかると英語担当の人に回される。
免許証、パスポート、ワークパーミット、を見せると、下の階でコピーしてきてと言われる。コピー職人はどのページをコピーすれば良いか分かってるのでお任せ。トータル7枚で7B。大きいお釣りが無いので20B札を準備しておくとベター。


コピーを持って再度2階のinformationへ、コピーにサインを書き、書類を揃えてもらい、整理券をもらった。あれ?健康診断書要らないんだ。(だからあのクリニックつぶれそうなんだ。)そして、17か18番カウンターへ行ってと言われる。


そこは外国人用の書類チェックカウンターみたいで、パスポートと、ワークパーミットの原本をチェックされた。そして次は3階へと言われた。
3階入って右奥のinformationで書類を見せると、整理券を渡され目の前の椅子でしばらく待つ。そこには次の目の検査や、反射神経テストのデモンストレーションビデオが流されている。タイ語と英語がある。これを観てると身体テストの方法が解る。

しばらくして何番から何番まで入ってと言われ、番号順に並ぶ。

第1のテストは信号の色を答える。第2のテストは白い棒が2本あり、左側を前後に動かして自分から等距離の所で止めるテスト。
第3のテストは反射神経のテスト。アクセル踏んでシグナルが緑から赤に変わった瞬間にブレーキを踏む。第4のテストは、視野のテスト。装置に顔を置きほぼ真横のライトの色を言い当てる。

f:id:THAILAND:20161130165928j:plain

顔を置く装置が古過ぎる。使い込み過ぎ!鼻を機械にくっ付けるので、そこがちと臭う。我慢してテスト終了。

落ちる人いるのかな?というテスト。


次は4階へ。ここでもインフォメーションに行き、表に名前を書き、整理券をもらう。少し待って教室に入ってビデオを観る。ビデオの内容は衝撃映像で始まる。その後は、ハザードの使い方とか、曲がるときはウィンカー使いましょうとか、渋滞は順番に行き、譲り合いましょうとか、基本的な事。その後もドラマ仕立ての運転基礎の話。最後はユーチューブで拾ってきたような衝撃映像のオンパレード。トータル1時間。教室を出て書類を持って2階のinformationへ。

そこでまた整理券を貰って待つ。そして呼ばれたナンバーのカウンターに行く。

ここで写真をとって、会計をする。バイクは本来355Bらしいが、住所変更があって50B加算。405Bで5年有効の免許更新。(自動車免許は600Bくらいらしい。)

『あか〜ん しぃ〜』に入ってから

information→整理券→上の階というパターンで

流れ作業的に4階まで制覇。2時間半くらいで任務完了。

次は車の免許更新か・・・。