読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THAILAND’s blog

タイ在住の・・・。

トヨタプレミアカップ2016 @タイ

タイ サッカー

トヨタタイリーグカップの優勝チームと、日本のJリーグのチームの国際親善大会。

王様崩御の関係でリーグカップが途中で終了となり、決勝を前にして残っていたのがブリラムとムアントン。そして話し合い(?)の結果、タイクラブの代表はムアントンとなった。(ブリラムはトヨタメコン杯を選び優勝している。)

日本のクラブは強豪クラブがあまり来た覚えが無い。今回は今まで来たクラブでは一番実績のあるサンフレッチェ広島が選ばれた。Jリーグアジアチャレンジもそうだが、選択基準が良く解らない。

 

試合の2週間ほど前からプロモーション(日本人目線)をよく見かけた。日本語のフリーペーパーなどで大きなスペースを使って告知して、入場券の引換券も付いていた。日系居酒屋でも引換券を置いている店もあったらしいし、学校関係でも配っていたようだ。そのおかげなのか、会場にはたくさんの日本人がいた。タイで初めてサッカー観戦をする人たちも多く、ゲートのセキュリティーで瓶ビール持って来てたほろ酔いの人たちもいた。ダダで見られる人たちはゴール裏にアサインされていた。広島のコアサポもいたし、子連れが多かった。タイ人やファラン(西洋人)もチラホラいたし、タイでプレーしている日本人選手も見かけた。メインスタンドの広島側にも大勢の人が入っていたが、ここもトヨタ(マツダ?)か代理店のバラマキがあったのかな?タイランド チャンピオンズカップよりは確実に人は多かった。冠の会社的には、告知やプロモーションの意味合いが強いのでタダであろうがトヨタ(車)を知ってもらうために人が入らないと格好がつかないんだろうな。

f:id:THAILAND:20170213124659j:plain

 

ムアントンサイドはプロモーションはなくてもある結構人は入る。なんにせよ観客が多いと雰囲気が良いよね。

f:id:THAILAND:20170213124605j:plain

 

試合が始まってすぐはムアントンの時間が続いた。ボールを持てたし、良い形も作れてた。互角と言っても良い感じだった。広島のキーパーから細かく繋ぐ時にミスが多く、そこをムアントンに狙われて、危ない場面が何度かあり、先制されてもおかしくない雰囲気だった。しかし次第に広島の時間になっていき、今季アメリカから帰ってきて、なぜか広島入りした工藤が決めるとこをキチンと決めて強さを見せた。その後、広島DFが攻撃と守備で3になったり5(4?)になったりする中で、大外2枚が上手く機能し、それに対応できないムアントンが失点を重ねる事になった。ミキッチも柏もうまいなぁと関心した。終了間際にムアントンのテラシン(タイ代表、ムアントンのエース)が速攻から1点を返したが、1-3で広島の勝利となった。疲れている中、よく勝ったという広島サポのつぶやきを見たので調べてみたら、2部連をタイでこなし、この試合の3日前には選手をシャッフルしてはいるものの、バンコクグラス(2016タイリーグ3位)と練習試合をこなすという鬼キャンプ。そして仕上げとしてこの戦いに望んだようだ。さらにこの試合の翌日にも出てないメンバーを中心にまたバンコクグラスと試合をしたそうな。そして、全試合に勝利している。広島凄いな。今期はACLが無いんで優勝狙えるな。森崎と佐々木の状態は気になるが・・・。

 

この様な結果では、やはりタイリーグはまだまだと言われるのかな?あんなにキツイキャンプをしても広島はタイ王者に勝つんだもんね。しかし日本の人は知らないと思うがムアントンはもっとキツイ状態だった。(タイの人も殆ど知らない)

 

1月22日 タイランドチャンピオンズカップ(勝ち)

1月25日 ラオスプレミアリーグオールスターとの試合 (勝ち)(ムアントンアセアンツアー)

1月28日 香港ニューイヤーズCup Kitchee FC 戦 (PK負け)

1月31日 香港ニューイヤーズCup FCソウル戦 (勝ち)

2月4日 トヨタ プレミアCup 今大会 (負け)

 

という、シーズン中でも無いようなハードスケジュールで、今回の試合となった。先発メンバーもほとんど変わらず、2週間での5試合目。ホントお疲れ様です。

一応参考までに、タイの王者はかなり疲れてたんだよ。というのが今回の言いたいことでした。

 

つーか、ウタカどうなった?