THAILAND’s blog

タイ在住の・・・。

バンコクユナイテッド 対 ムアントンユナイテッド @True スタジアム

タイリーグ第2戦。

場所はランシット。バンコクから車で1時間から1時間半。

タクシーで高速代と合わせて400B超えないくらいだった。

バンコクの街中からタクシーに乗ると、郊外の道を良く解ってない人もいるのでグーグルマップを見ながら指示するか、運ちゃんにマップの通りに行って貰おう!

 

しかし、Don Muang Tallwayから行ったのだが、グーグルのいう道の門が開いておらず2本ほど奥の正門らしきところからタマサート大学に入った。

入ってからも1キロ以上タクシーに乗ってスタジアムにやっと到着。

なので、車で行く場合はUdon Rattaya Expy側から行ったほうが解りやすいと思う。

 

 

 

さて、新制バンU主力が抜けるムアントン。


f:id:THAILAND:20190306123419j:plain

 

 

抜けたドーとピーラパットは先発。トサワット(昨年に出て行った)は途中出場。

f:id:THAILAND:20190306123508j:plain

 

ミカがキャプテンなんだね。変な感じ。ムアントンは帰ってきたムイがキャプテン。

f:id:THAILAND:20190306132246j:plain

 

バンUのキャプテンって言えば、ポッカーオか、サンラワットか、エバートンが普通じゃない?

 

そして、神戸化してるバンU

見た目が外国人だらけ!

純粋なタイ人顔はピーラパット、ポッカーオ、サンラウットとWisarutだけ。

ハーフ(ミックス)が多いので両親を呼べば、

タイ、ブラジル、エルサルバドル、フランス、ドイツ、フィリピン、デンマーク。

ベンチメンバーも入れると、オランダにアメリカも!

国際色豊かなチームです。

 

以下バンUのプレーヤー

First Team - TEAMS

 

 

ムアントンの先発は以下。

f:id:THAILAND:20190306130456j:plain

期待値の高いのは、オバンソクダンバンラム

バリバリのベトナム代表GKと元韓国代表DF。

2番のSuphananは新加入。35番のWeerawutは去年はピーラパットの陰であまり出場はしていないが、ケガ人が出た時に重宝されていた。

チャップイもマリオもベンチスタート。

見るからに守備的な布陣。

へベルチ、ティーラシン、アディサックの3人とサーラでしかチャンスが作れない。

ワタナーとイホでは守備的すぎる。

 

 

 

試合前のバンUのコレ!

f:id:THAILAND:20190306132457j:plain

監督がかなり喋ってるっぽいんだけど、何語なんだろう?

ウィキには

Alexandre Pölking (born 12 March 1976), simply known as Mano is a Brazilian/German football manager.

 

とあるのでドイツ語もいけるのか?

そうだとしたら、バンUにドイツミックスが多い理由の一つなのかな?

 

 

ムアントンは今年になって監督が代わった。

今ある持ち駒で今回のこの布陣がベストなんだろう。

 

 

試合開始直後はバタバタしながらバンUが攻め込んだが、ムアントンがなんとか守った。

その後はムアントンのペース。

ボールは持てるがペナ内にはそんなに入れない。

ボールを触れないと降りてくるへベルチ。そして持ちすぎ。

 

ティーラシンは守備に奮闘してた印象が大きい。

もう少し攻撃に専念させてあげたい。

 

ムアントンは守備でも攻撃でもサイドの弱さが目立った。

逆にバンUは広くあいたスペースにドーが走りこんできてチャンスメイクしてた。

逃した魚はやはり大きかった。

 

 

前半の途中でオバンソクが負傷退場。

ムアントンが得意なDFの負傷。そしてボランチをDFに入れるパターン。

チャップイが入って、イホがDFにさがったのかな。

 

前半は0-0。

ハーフナーが出場する感じは全くない。

f:id:THAILAND:20190306135726j:plain

 

 

昨年度の上位同士の戦いでも、やはりタイリーグ。

後半は更にプレーが荒くなったり、審判の笛が曖昧だったりとプレー以外の見どころが多かった。

こぼれ球を拾っての速攻が増える。

 

そして、バンUが助っ人2人だけでゴールを決めた。

中の枚数はそろって居るのに、キーパーとDFの間にクロスを上げてキッチリとネルソンが決めた。

点とるFWは替えつらいから、ハーフナーの出番もなかなかないのかな?

 

やっと火が付いたムアントンが反撃に出るも得点を奪えない。

 

 

1-0でバンコクユナイテッドの勝利。

 

元ムアントンも多いのでベンチの近くまで来て挨拶をするバンUの選手。

f:id:THAILAND:20190306141719j:plain

 

 

 

そして、元気のないムアントン。

f:id:THAILAND:20190306141435j:plain

 

サーラを1列下げてティーラシンをもう少し中で使う。

そしてマリオをウィング気味で使うのはどうだろう?

 

 

f:id:THAILAND:20190306141847j:plain

 

 

総括!

『True スタジアムは遠い!』

タイで中華アクションカメラを買う。 @バンコクのフォーチュンタウン

アクションカメラが気になり色々と調べてみた。

最高峰と言われるのがGoPro HERO7。約13000B(46000円)

こんな値段を払うほど有効にアクションカメラを使えるのだろうか?

また、360度カメラも気になったが、こちらも有効に使えるのだろうか?

疑問を抱えつついろいろ検索。

 

そして中国のメーカーの『Yi』のカメラを見つけた。

Yi(イー)は中国のカメラメーカー。中華携帯のXiaomiから分かれた会社らしい。

アクションカメラを筆頭に、自動車の車載カメラや、ホームカメラやセキュリティーカメラのメーカー。

 

 

 

最近はガジェットを買う時にyoutube動画を参考にする。

検索すれば比較動画がたくさん上がっているのでかなり参考になる。

www.youtube.com

 

まあ、このようなサイトで比較される時点でそのアイテムは信用度が高い。

そして動画を見て、やはりYiはコスパが高いことが十分解った。

 

YiシリーズのなかでもYi4K+(イーフォーケープラス)が最高峰。

4K動画が60Pで撮影でき、電子制御のスタビライズが効く。

ざっくり言えば高解像度な画像をスムーズ(カクツキ無く)に撮影できる。

そして一つ下のYi4K。こちらは4K撮影はできるが、30Pでスタビライズは効かない。

しかしフルHDではスムーズに撮れる。

我が家ではTVもパソコンも4K対応でないのでYi4Kで十分と判断。

 

スペック比較

bestactioncamera.net

 

Lazada(タイのアマゾン?)でも買うことはできるが、やはり実機が触りたい。

MBKで見かけたことはあるが、どこの店舗だったか忘れてしまった。

しかしフォーチュンタウンのお店はなんとなく場所がわかっていたので行ってみた。

 

以下お店。

www.facebook.com予備の電池も上の店で発注すれば購入できる。

ちなみにこの店はタイでは珍しく、Razer Bladeのキーボードやマウス、ヘッドホンも扱っている。

 

 

 

 

店頭でYiの実機を触らせてもらい、少し説明を受けてYi4Kを購入した。

5990Bで防水ハウジング、自撮り棒?、マイクロSDカード、ケース付きだった。

YI 4K アクションカメラ | YI Technology

 

 

 

f:id:THAILAND:20190221122837j:plain

 

 

 

カメラ自体はかなり小さくて軽い。

 

 

f:id:THAILAND:20190221122949j:plain

 

 

f:id:THAILAND:20190221123030j:plain

 

 

 

 

 

電源を入れると言語選択。

 

f:id:THAILAND:20190221123410j:plain

 

 

なぜ『日本語』にならない?

 

Japaneseを英語変換したそのまま?

『日本の』

 

 

取り扱い説明書は英語と『中国の』だった。

読まなくても感覚で使えるようになっている。(ある程度のカメラの知識があれば)

 

 

 

f:id:THAILAND:20190221124323j:plain

 

バッテリーとマイクロSDを入れる所が開けにくいのだが、慣れなのか?

そして、本体に占めるバッテリーの割合がデカい。

カメラというよりレンズ付きバッテリーな感じ。

 

 

 

f:id:THAILAND:20190221124643j:plain

 

液晶は見やすいし、タッチパネルも良い感じ。

レンズの歪み補正も良い感じだし電子手振れ補正もまあまあ良い。

 

長年使ってきたオリンパスの防水カメラよりはるかに良い。

オリンパス ニュースリリース: GPS&電子コンパス搭載の最強タフ「OLYMPUS Tough TG-810」を発売

まあ、10年近くするとスペックの上がり方が激しいのでしかたがない。

当時、防水&耐衝撃で光学5倍ズームはかなり良いカメラだったんだが・・・。

 

 

使ってみての感想はほぼ満足。

インターフェイスも良いし、ハウジングも良い。

バッテリーの持ちも良い。

すこし不満なのはスタビライザー。

精度は良いんだが大画面で見ると、モーションブラーがかかったままの画なんだよね。

シャッタースピードがそこまで早くない状況下で、電子スタビをかければそうなってもしかたがないんだがyoutubeでは見抜けなかった。

まあ、光学スタビじゃないのを解って購入したのでしかたない。

 

 

 

 

thailand.hatenadiary.com

 

喜多郎寿し @バンコク

気にはなってたが、なぜか足が向かなかった『喜多郎寿し』。

新規開拓で行ってみた。

場所はトンローのソイ9。

 

駐車場は2つだけ。

3階まであるのかな。個室もあるらしい。

 

『喜多郎寿し』の売りは握りがどれでも2個で120Bらしい。

さっそく注文!

 

f:id:THAILAND:20190210022158j:plain

 

シャリが小さくて良い感じ。

 

金目鯛 キンメダーイ!

f:id:THAILAND:20190210022550j:plain

 

激アロ!マイウー!ロイアー!

アロイチンチン!

 

 

エビも美味しい。てか全部マイウーでした。

この時点でリピート決定となりました! パチパチパチ

 

f:id:THAILAND:20190210022643j:plain

 

 

ナマコポン酢かな。

f:id:THAILAND:20190210022748j:plain

 

コリコリ!

相方大絶賛でした。

 

 

タケノコはホクホクで香りがGOOOOD!でお出しもグー!

f:id:THAILAND:20190210023401j:plain

 

 

ポテトサラダ!?だっけ?

f:id:THAILAND:20190210023458j:plain

 

大きなポテトをウェイトレスが軽マッシュしてくれる。

予想外に量が多かった!イクラも乗ってたよ!

 

 

 

チキンカツwithデミ!

f:id:THAILAND:20190210023719j:plain

 

マイウー!

 

 

大葉?シソ?納豆はさみ。

f:id:THAILAND:20190210023926j:plain

 

少し塩味が強かったかな?それでも十分おいしい。

 

 

 

筑前煮。

f:id:THAILAND:20190210024045j:plain

 

大根が少し崩れ気味だったが、味はシミシミで良し。

鶏肉が大きくて良い!

 

 

 

金目鯛の兜焼き!

f:id:THAILAND:20190210024224j:plain

 

美味過ぎ!

サイズも予想以上で大満足。

大根おろしがあまりおろしきれてなかったのだが・・・こういう仕様?

しかしながら、マイウーのロイアーでした。

 

 

追加で握り!

f:id:THAILAND:20190210024546j:plain

 

f:id:THAILAND:20190210024607j:plain

 

f:id:THAILAND:20190210024630j:plain

 

ウニは普通だったが、他は本当に美味い!

 

ビール2本、焼酎1杯で4200Bほど!

 

いやー満足!

 

また来るぞ!

 

 

場所は以下。

 

 

チャトゥチャックの熱帯魚 インスタ映え!? @バンコク

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットといえば土曜、日曜のみの開催。

日本からの旅行で土日の日程が合わない!

それでもタイのマーケットの雰囲気が味わいたい!

という方で魚に興味のある人は平日でもチャトゥチャックの熱帯魚通りに行ってみてはどうだろう?

 

ビニール袋に入っている熱帯魚を見るのも楽しいし、インスタ映えする魚をアップするのも良いかも。

 

f:id:THAILAND:20190211145941p:plain

 

f:id:THAILAND:20190211150020p:plain

 

f:id:THAILAND:20190211150046p:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

ただ、この辺りはローカルの人が多いので英語はあまり通じない。

また生き物を売っているので、完全に衛生的であることはない。

魚のえさであるも売っているので虫嫌いの人は注意が必要。

 

 

 

場所は以下。

 

 

タイで撮影されてる電気グルーブのPV 『 Missing Beatz』

なにげなく電気グルーブのPV特集をみていたら、どうやらタイ撮影っぽい。

 

2013年1月のシングルなので撮影は2012年かな。

 

www.youtube.com

どこの道を走ってるのかと注意深く見てみれば、どうやらバンコクの都心からドムアンに向かう幹線道らしい。

国鉄の線路の上にある建築途中の柱を見れば判る人も多いんじゃないかな?

 

 

PVの01'07"頃に出てくる看板がグーグルマップのストリートビューで確認できた。

www.google.com

その後、カットは変わりサラブリーの方までいってるのかな。

 

最後は警察に捕まるオチだけど・・・。

タイは検問での検挙は多いけど、白バイで停止させるのを見たことがないので演出なのかな?

 

 

このPVは、単純に撮影したモノをカット編集してるだけに見えがちなPV。

しかし冒頭と終わり近くの道路のサインは合成でテキストを変えてるし、編集でスタビライズも入れてるっぽい。

なので人形のリップシンクも後で合わせたのかな?

CGモデル作ってもできるし、人形だけ別どりで合わせることもできるが、回転してるし照明変わるしかなり大変だと思うんだが。

どうなってるの?

 

セレッソ大阪 対 BGパトゥン ユナイテッド @タイ

セレッソ大阪の提携クラブであるタイのバンコク・グラスが2019年から名前が変わった。

その名はBGパトゥン ユナイテッド !

 

BGはバンコクグラスの頭文字でよいのかな?

バンコクグラス パトゥンユナイテッド!?

 

東京ドイツ村千葉にある感じ!?

 

まあ、バンコクガラスという会社の工場ががパトゥンタニ県にあるからこんな名前になったんだろうけど・・・。

 

さて、久しぶりのレオスタジアム。

やはりバンコクから遠い。

 

f:id:THAILAND:20190204140533j:plain



 

 

2年ほど前は人工芝だったが、昨年あたりから天然芝に変わった。

その頃からタイ代表のタナブンやティティパンを補強したりと本格補強をしたけど、2018は成績が悪く2部に降格。

 

ティティパンはJリーグに行ってしまったが、タナブンは残る様だ。 

thailand.hatenadiary.com

 

 

ビールの『シン』とクレジット会社?のUmay+がスポンサーのカップ戦。

セレッソ側のチケットはフリーだったのかな?

BG側は50Bだった。

 

 

いつもの屋台がある場所にセレッソのブースが出ておりかなりの人気だった。

ゲームシャツが割引で1500B位に値下げしてあった。

 

f:id:THAILAND:20190204141026j:plain

今年からJリーグからBGに戻るチャウワット。

 

タイリーグ歴の長い馬場選手も今年からBG加入。

f:id:THAILAND:20190204141922j:plain

 

タイ在住youtuberの『いせろバンコク』で、飾ることなく給料事情をぶっちゃけてます。

www.youtube.com

 

2016年はヤンマーがブースを出していたが、今年は無かった。

もうヤンマーの知名度も十分上がったのか?それともマーケティング的にサッカーファンにプロモーションしても意味がないのか・・・。

 

 

 

 

オープニングセレモニーで小者感あふれる森島社長!

「日本一腰の低いJリーガー」から「アジア一腰の低い社長」となるのか?

f:id:THAILAND:20190204142324j:plain

 

セレッソの先発。

f:id:THAILAND:20190204142837j:plain

 

 

 

もともと知っている選手が多くないクラブなのに、放出や退団選手が多くて選手が良く解らない。

 

ソウザ、柿谷は背番号を見なくても判るけど・・・。

 

蛍も健勇も村山も居ないのは寂しい。

そしてレオスタジアムがホームのモニがいない・・・。

 

さようならモニ、そしてミートグッバイ!

 

 

 

 

J1とタイ2部の試合だが、物凄い一方的な感じではなかった。

それでもゴール前への最後の1本のパスの精度が全然違った。

シュートまでもっていく力も違っていた。

 

試合の様子は以下。

www.youtube.com

 

ハーフタイム、社長はさらに一仕事!

f:id:THAILAND:20190204150824j:plain

 はにかむ感じが良い人感を倍増させていた。

 

 

 

 

後半は選手がたくさん入れ替わった。

f:id:THAILAND:20190204151109j:plain

 

パット見て分かったのは丸橋、水沼、都倉。

 

攻めでは水沼が効いてる様に見えた。

見ているところから近いサイドだったので、かなり印象に残った。

 

BGは右側の2人が細かくつなぐし、走るし良い感じだった。

特に11番の選手が印象に残った。

 

後半途中からBGはタナブンを投入。

出てきたという事は2019年はもう移籍はないのかな?もったいない。

f:id:THAILAND:20190204151815j:plain

 

 

落ち着きがあるしさすがだなぁー、と思ってたら都倉選手からボールを奪われてゴールを決められた。

BGのキーパー、チャッチャイもSUZUKIカップでタイ代表の正ゴールキーパーだったのに調子が悪いのか、セレッソが上手いのか最終的に3失点。

 

BGはコーナーからの1点だけだった。(これはキーパーの目測ミスだったかな。)

 

終わってみればセレッソの大勝。

 

 

そして表彰式。

f:id:THAILAND:20190204152531j:plain

 

監督変わって髪の毛の色も少しずつ明るくなったセレッソの選手達!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jリーグアジアチャレンジに思う事。 @タイ 2019

2017年に続き、2019年もタイ開催したJリーグアジアチャレンジ。

(2018年はインドネシア開催なので良く知りません・・・。)

 

 

2017年の記事。

thailand.hatenadiary.com

 

 

 

第1戦は広島 対 チョンブリー。

第2戦は北海道 対 バンコクユナイテッド。

 

タイとのつながりが強い北海道と広島。

広島はMazda(タイ)絡みでと言われることも多いようだが、どうなんだろう?

ティーラシンが居たし、タイ人にも認知度が高いのかな?

 

北海道は完全にチャナティップの影響。

ミズノの看板も出てたし、チャナティップ様様!

日本食の屋台がスタジアムに沢山出てるのに、なぜガリガリ君を出店しないんだろう?

やる気ないのかな赤城さん?

 

 

タイサイドのチョンブリーは昔から日本人スタッフや選手多いから選ばれたのか?ウォラチットがJリーグにいたからか?

 

バンUはマイク・ハーフナーが来るから?

ジャキットがJリーグにいたからなのか?

 

 

 2017年に比べてはるかにタイと日本のサッカーでの繋がりが多くなってきた。

タイでのJリーグの認知度も上がってきてるし、意味のあるイベントになってきてるようだ。

それでも、観客は満員にはならない。

広島対チョンブリーは約5千人。

北海道対バンUは約7千人。

主催者発表よりも少なく感じた人は私だけじゃないと思う。

 

2017年に比べたら大成功と言える入りだとは思うが、それでもJリーグ。

満員にできるコンテンツではない。

 

ちなみにタイではJリーグよりも英プレミアの方が人気がある。

最近ではJリーグの人気がタイでかなり上がってきたと言われがちだが、まだまだ。

2015年にチェルシーが来た時は、タイのオールスターとの一戦だったと言うのもあるが、ラジャマンガラがブルー一色に染まってた。

www.wisebk.com

 

 

 

今回の入りを予想できていればラジャマンガラ開催は避けて然るべき。

でもバンU戦なのにムアントンのホームのSCGスタジアム開催は疑問。

日本で例えれば、の試合をフクアリでするなんてアリエナイが、タイリーグならそのあたりも緩いので問題はないか・・・。

 

 

 

なぜバンU のホームでしない?

バンUのホームが無理ならスパチャラサイで良いでしょ?

 

会場だけ先に押さえて、ムアントンにアジアチャレンジをお願いしたが、断られたのか?

 

チャナティップに、ティーラシンにティーラトン。

タイリーグからJ1に行った選手は全員ムアントンの出身。

なので集客面においては1番納得のいくチームなのだが、何か問題あったの?

 

 

 

 

第2戦の会場ではコンサのユニフォーム売り場が盛況だった。

バンコクのスポーツ用品店でもJリーグ(札幌、広島、神戸、セレッソだけかな)のユニフォームは買えるのだが、ここで出店すると凄い数のお客さんが集まっていた。

 

バンUのグッズもトレーラーの移動販売が来ており行列ができていた。

 

なぜかムアントンのショップも開いており、ボチボチお客さんがいた。

 

 

会場がムアントンという事もあり、ムアントンのレプリカを着ている人も多かった。

ムアントンの人気選手であったドーや、ピーラパットがバンUに移籍したので、ミーハーなファンはムアントンからの乗り換えしたのかな?

 

コンサドーレ 赤

バンコクU   赤

ムアントン  赤

 

3チーム共にホームのゲームシャツが赤なので違和感は無かった。

 

 

 

チケット売り場では販売は無く、無料でチケットを配るだけだった。

日本人側とタイ人側に分けており、札幌側とバンU側という感じでは無かったと思う。

 

スタンド前のゲートではセキュリティーチェックがあり、ペットボトル等の持ち込み禁止物のチェックがあった。

大人から子供までキチンとチェックされているなか、日本の報道クルーらしき大人が、

『メディア!メディア!』と、カタカナ英語ですり抜けて行った。

メディアなら、何しても良いとでも思っているような言葉使いと行動。

なんだかなー。

 

メディア カッコ悪い。

メディア 恥ずかしい。

 

 

 

 

 

日本側の応援席では北海道から来たであろうサポーターもいたが、7~8割程はタイ人だった。

残りは日本人だが、コンササポと言うよりは、日本のプロチームが来たから見に行こう!と感じの人が多かった。

日本人の子供は日本代表のユニフォームを着ている子が多かった。

 

タイ人はコンサのレプリカを着ている人が多かったし、ほぼチャナティップのネーム入りだった。

コンササポと言うよりはチャナティップのファンが多いのかな。

それでも、隣に座ったタイ人は福森、宮沢、駒井を知っていたのでJリーグ観て、コンサのサポーターになったのだろう。

目に見える形でアジアチャレンジの成果を見た瞬間だった。

私はJリーグ関係者でもコンササポでもないが、なんか嬉しかった。

 

 

凄いぞ!アジアチャレンジ!

 

 

 

いや!?

凄いぞチャナティップ効果!なのか?

 

 

 

 

 試合の感想は以下。 

thailand.hatenadiary.com