THAILAND’s blog

タイ在住の・・・。

チャナティップの次は誰だ?ティラトーンなのか? タイリーグからJリーグへ。

チャナティップが札幌で重要なピースである事は、揺るぎない事実となってきている。

ドイツから来たスターよりも、タイからきたスターの方が良いんじゃない?って記事まで出てきている始末だ。

さてさて、大金を積むより格安のタイ人(Jリーグ提携国枠で外国人ではない)が活躍すればJのクラブにもぜひタイ人を!と簡単に思っている人もいるんだろうが・・・。そうはいきません。

人気のタイ人選手は高いですから!

日本の大卒ルーキーを獲得したほうが全然安い!しらんけど!

 

で、本題の次に誰が行くんだ?という事だけど。

 

実はチャナティップより前にシティチョーク(チョンブリーFC)がJ3でデビューしている。そしてタイ人初のJリーガーになってる。さらに7月からFC東京にジャキット(バンコクU)も加入してるんで・・・。

 

ちなみにチョンブリーは日本で言うところの静岡みたいな感じでサッカーどころである。ヴィタヤという日本でプレーヤー、コーチ、監督経験のある人がチョンブリーFCに長くいたので、チョンブリーFCは日本との繋がりが多い。だからシティチョークは日本に行ったのかな?

 

で、フル代表クラスでは次は誰?という事で話を進める。

有名どころでは

悪魔の左足 ティーラトン

タイサッカーのキング ティーラシン

タイの守護神 ガウィン

くらいかな。

 

 

ティーラトンはキックは上手いし、視野も広い。ムアントンではフリーキックを蹴る事が多いし、アシストも多い。(昨年はムアントンでほぼフリークックを蹴ってたが、最近はヘベルチが蹴ってる事も多い。)

主に左のサイドバックだが、中盤の底や、少し前目もこなせる。そして、タイ人のファンが多い。

だが性格が子どもすぎる。痛くないのに痛がったり、いらないファールをした、もろバレの時間稼ぎをしたり。ACLのムアントンホーム戦の試合後(以下リンク)のプチ乱闘は彼が原因だと思われる。浦和の槙野さんよりタチが悪いと思う。

Jリーグに行って精神的に鍛え直してもらえれば良いんだが、多分無理だと思う。

セレッソが獲得に動いているとネットニュースで見たがどうなんだろう?セレッソはバンコクグラスと提携してるけど関係ないんだね。(じゅらとはいつ戻るんだ?)

ムアントンもジュビロと提携してるし、その辺はなにも関係ないんだね。

 

 

thailand.hatenadiary.com

 

 

ティーラシンは、プレー面では何の問題もないと思う。トータルで一番上手いし、サボらないしキャプテンシーもある。ただ、真面目で無口なのでチームに溶け込むのが難しそう。

そして一度海外(ヨーロッパ)行って海外生活にあまり向いてないという事が自身でも解ったんじゃないかな。たぶんいかないと思う。

 

ガウィンは守備面は問題ないと思う。前に飛び出して攻撃的な守備をする方じゃないので千葉は無理です。またフィードもそんなに上手くないと思う。

なのでJ1でレギュラーは狙えないんじゃないかな。

性格は結構ナルシスト(多分)だが明るい性格なのでどこでも馴染むと思う。

 

チャナティップが成功している理由として、

1、ずば抜けて上手い

2、真面目

3、努力家

4、向上心

5、性格 明るく 誰とでも仲良くなれる 

6、日本が好き

 

というのがほぼ100点で揃っているからだと思う。

タイ国内で上手いという事だけでは、タイからJリーグに行って簡単に成功はしないと思う。

長友がイタリアで成功したように、チャナティップもどことなく長友に似てると思う。小さくて明るく人なつっこい。長友のお辞儀パフォーマンスがインテルで流行ったのもあの性格でみんなから好かれていたからだと思う。チャナティップがゴールを決めてあのパフォーマンスをすれば流行るかな?

まあ、札幌というチームであったという事もあり、チャナティップは主力として出れてると思うが・・・。

 

日本では有名ではないがタイでは大人気のトリスタンを私はお勧めしたい。

ティラトンとは逆サイドのDF。背は低いが力強く守る。守るし攻め上がるし見ていて楽しい。闘争心もあるしサボらない。そして何より男前!タイのCMも出てるし!

英語(フランス語?)も堪能なのでタイ語の通訳を雇う必要なし!!

(タイ語はあまり自信がないらしい!?)

チャナティップとは違い静かな性格っぽいので、チームメイトとなじむかな?という不安はあるけど・・・。

 

 

以下はタイ代表の古い記事。

 

thailand.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ人はJリーグを観ているの? @タイ

タイの人たちはJリーグを観ているのか?

 

タイの代表的スポーツといえばムエタイと思っている人が少なからずいると思う。

しかし私がタイに来た当初、周りのタイ人にムエタイ見たことある?見に行ったことある?と質問しても、答えはノーだった。ブアカーオがK1で大活躍した時だったが、一般の若者はムエタイに全く興味がないようだった。(日本の若者が競艇や競輪に興味がないのと似てると思う。)

 

 タイでは昔からイングランドプレミアリーグが大人気。街中でゲームシャツを来ている人をよく見かけるし、MBKなどでも売っているのをよく見る。

サッカー好きのタイ人と話をすれば『どこのチームが好き?』と問われる。

それは、『英プレミアでどのチームが好き?』という質問と同じである。

 

また、タイリーグのチームで◯◯ユナイテッドという名前が多いのも、プレミアのマンチェスターユナイテッドの人気からUを付けているらしい。タイのチームはユナイテッドしてないのにUが付いてたり、金と権力にモノを言わせて結合してUが付くチームも多いらしい。

 

英プレミアリーグ   >>>>> タイリーグ  >>>>> Jリーグ

な感じだったが、ここ何年かでタイリーグ(旧タイプレミアリーグ)が盛り上がっている。

まあ、盛り上がってると言ってもやはり代表ありきな感じではあるが・・・。

 

タイリーグが盛り上がるにつれ、英プレミアからファンが流れる様になってきたらしい。ここ3年で代表(U-23組)が実力をつけてきたのがその原因だろう。

代表の盛り上がりと共に、タイリーグのチームもお金をかけて人気選手を獲得した。ムアントンUなんてほぼ代表のチームになってしまった。

そして、そんなスター軍団の中のスター☆チャナティップJリーグに移籍したことにより、タイ人もJリーグを見る様になったらしい。

自分の感覚では見てる人なんていないと思っていた。しかしタイ人に聞くと、タイリーグ好きの何割かがJリーグを見ているらしい。

そしてタイのウェブボードでもJリーグが盛り上がってるらしい。

最初はコンサドーレがメインだった人も、徐々に強豪チームをチェックしているらしい。まさに、キングカズがイタリアのジェノアに行ってセリエAに火が付き、ミランやインテルまで人気になった感じかな。

 

タイのウェブボードを直接見ているわけではないので確証はないが、サッカー好きタイ人の情報ではJリーグを見ているタイ人が少なからずいるらしい。

 

パタヤの有名ステーキ店No.1とNo.2つ行ってきた。 [tripadviser調べ]

相方がステーキ食べたいと言ったので、いろいろと調べた。最近ハマってるtripadviserパタヤ1位の評価のお店に行ってみた。

 

名前はBeefeater Steak House & Pub
場所はセカンドロードの山側のソイ13。洋食屋が多くある小さな商店街みたいなところにお店はあった。近くにバービアみたいなのもあった。
お店に駐車場は無いようで近くの月極に2時間100Bで停めさせて貰った。


お店は古き良きステーキハウスな感じ。そして店内は日本人率が高かった。皆さんtripadviser見ての来店?もしくは日本人用ののガイドに書いてあるのかな?

ビールを頼むとナチョスが出てきた。チビはこれで満足だったようだが、シーザーサラダと、エビのパテ?のパンも注文した。両方共に美味しかった。
ステーキはリブアイ、ソースはゴルゴンゾーラ

 

f:id:THAILAND:20170822190258j:plain

 

相方はフィレマッシュルームソースだったかな。

 

f:id:THAILAND:20170822190334j:plain


個人の好みだがリブアイは本当に美味しかった。ソースも美味しかった。フィレは本当に柔らかく食べやすかった。つけあわせ?のベイクドポテトもマッシュドポテトも美味しかった。
そして、アイスを注文してかなり満足して帰った。
全部で2815B。税金もServiceチャージも無かった。

 

 

 

 

そして翌々日に凝りもなくステーキ店にまた行った。

名前はSteak & Co Pattaya

こちらもソイ13で、もう少し奥まで行った所に店はあった。
駐車場はなかったが目の前に止めることが出来た。
ここの売りはランチで、日替わりで半額でステーキが食せるらしい。

(tripadviserで日本人が半額!と投稿していた。)


店内はオシャレなステーキハウス。開店少し前だがにこやかに迎え入れてくれた。ここではビールを頼んだがチップスは出てこなかった。代わりにパンが出てきた。チビはコレで満足そうだったが、可哀想なのでロブスタースープと、シーザーサラダを頼んだ。ロブスタースープは塩分が少し多かったが、チビはパンを付けて本当に美味しそうに食べていた。シーザーサラダも少し味が濃すぎたかな。
ステーキは半額と謳っている和牛のサーロイン。ソースはDianeソース、付け合せはスピナッチ。
ココはエルガウチョの様にお皿も温かい状態でステーキが来た。肉もかなり大きい!

 

f:id:THAILAND:20170822190704j:plain

 

期待は高まるが・・・・、味はまあまあ満足がいく感じ。

お肉は柔らかくて食べやすく、味も肉肉しいがなんかチョット・・・。

コチラの体調の問題なのかな?何気なくメニューを眺めてたら、ココはオーストラリアのファインな肉を輸入して使っています。と書いてあった。オーストラリアの和牛なんだね。だからサシもないんだね。(モノによる?)

 

f:id:THAILAND:20170822190818j:plain


和牛のイメージは塩か、ワサビで食べるイメージだけどココの半額ランチサーロイン和牛は、赤ワインソースかペッパーのが合うのかな?


コチラでもまたアイスクリームや、ブリュレを頼んだが、お腹いっぱいで肉以外は完食できず、サラダやポテトは残してしまった。

相方は肉も残しそうだった。ボリューム多いしあんまり口に合わなかったのかな?

 

そしてなにげ半額のポップを見て?????
1295 Bが、795B アレ?全然半額じゃないじゃん。

 

f:id:THAILAND:20170822191000j:plain

 


50%ディスカウントって書いてあるのに・・・。
アレ?up to て書いてある?は?へ?


木曜日だけほぼ半額で、ほかの曜日はそうでもない。
騙されたーーー。

と言うか、向こうの作戦に引っかかったーーー。

 

 

 

 

こちらも税金もサービス料も無かったので、パタヤはコレが普通なのかな?

エルガウチョ行った時はプラプラ分(税金+サービス)で1000Bは余裕で超えてたよなぁ・・・。

Birds and Bees Resort @パタヤ

agodaで当日予約でホテルを予約。決め手は値段と大きそうなベッド。そして子供用のプール。
いつもは大きなホテルに泊まるが今回はいろいろ問題があり、小さめだがコスパの良さそうなホテルが取れた。
受付ではバウチャー表示なしで、名前とIDでチェックイン。お風呂(湯船)付きを予約したがその部屋は故障でダメらしい。

似たような部屋を2つ見て好きな方を撰んでと言われた。

一つは部屋が広めでシャワーだけの部屋。

もう一つは部屋が少し狭めで湯船のある部屋。あれ?故障中じゃないの?と思ったが、お湯もふんだんに出るし問題なさそう。
こちらの方がベッドが大きくて寝やすそうだし、即決。


建物は古そうだが、部屋の掃除は行き届いている。隅々まで部屋をチェックすることなく、早速楽しみのプールへ。


ここがパタヤ?と思うほどの木々?ジャングルの道を進み、子供用のプールまで行く。

 

f:id:THAILAND:20170821145108j:plain

 

プールの入り口。

 

f:id:THAILAND:20170821145140j:plain

 

平日だったからなのか貸切状態だった。

 

f:id:THAILAND:20170821145227j:plain


スライダーが3つ。大きくはないが小さい子供ならこれで十分。このプールも木々に囲まれており、パタヤにいることを忘れる。(嘘)

 

f:id:THAILAND:20170821145312j:plain

 

f:id:THAILAND:20170821145348j:plain

 

スターフルーツの木もあった。

 

f:id:THAILAND:20170821145416j:plain


プールサイドも木で出来ており良い感じ。さらに外側には屋根あり扇風機付きのビーチチェア。

 

f:id:THAILAND:20170821145511j:plain

 

バーのスタッフを呼びたければ備え付けの鐘を鳴らせばやって来るらしい。

プールは深さ別にエリアが別れており小さい子供でも安心。

 

f:id:THAILAND:20170821145546j:plain

 

水の中に落ち葉が少しあったが、自然の中のプールにしては綺麗にしている方だと思う。

 

海を挟んでラン島を望める大人用のプールもあったが入らなかった。

f:id:THAILAND:20170821145741j:plain

 

f:id:THAILAND:20170821145802j:plain

 

 このプールにも子供用の浅いゾーンはあった。ジャグジーもあるようだった。

 

 

 

 

夕食は外で済ませ、戻ってきてシャワーを浴びて寝ようとしたがベッドのスプリングが跳ね過ぎてあまりよく寝れなかった。

 


朝食はバンコクにもある有名レストラン?のキャベツ&コンドームのレストラン。

海を望めるウッドデッキの自然派な店内。

 

f:id:THAILAND:20170821150019j:plain

 

 コンドームのオブジェもたくさんあった。

 

f:id:THAILAND:20170821150112j:plain

 

f:id:THAILAND:20170821150150j:plain

 

 

モナリザさんがなんか持ってますよ!

 

f:id:THAILAND:20170821150235j:plain

 


朝食の品数はそんなに多くなかった。ジュース3種類、フルーツスムージー2種類、フルーツ3種類ほど。シリアル4種類、巻き寿司とカリフォルニアロール。

 

f:id:THAILAND:20170821150428j:plain

 

パン4種類ほど。ハム2、ソーセージ2、ベーコン、ハッシュドポテト(冷凍食品?)、ビーンズ、ほうれん草チーズ、マカロニ、ブロッコリースープorオニオンスープ。

 

f:id:THAILAND:20170821150538j:plain

 

玉子料理は目の前で作ってくれる。

 

f:id:THAILAND:20170821150618j:plain

f:id:THAILAND:20170821150721j:plain

 

パッタイorガパオ、餃子or焼売(冷凍食品?)、カオトム、チャーハンorケチャップライス。パンケーキもあった。サラダは珍しくルッコラが入っていたそうだ。

 

f:id:THAILAND:20170821150655j:plain

 

or 表記はは日によって変わったメニュー)


チーズ類やヨーグルトは無かった。冷凍食品っぽいモノ以外は美味しかった。しかし相方はあまり好きじゃないようだった・・・。

ヒルトンや、ドゥシタニに比べれば総合的に劣ると思うが値段を考えれば満足な内容。

 

 

お昼もこのレストランで食べた。

ランチタイムは朝食の時には入れなかったもっと海寄りのゾーンで食事が出来た。

 

f:id:THAILAND:20170821150949j:plain

 

眺望はすごく良い。

ヨットが見えた。

 

f:id:THAILAND:20170821151153j:plain

 

大きな樹の木陰で、風も通り気持ちが良い。蚊はいなかった。

 

17時からはもう1段上のバーもオープンするらしい。

 

f:id:THAILAND:20170821151355j:plain

 

上のバーの席はこんな感じ。

 

f:id:THAILAND:20170821151602j:plain

 

 ランチはタイ料理を注文し、ビールを飲んだ。雰囲気が良いのでレストランだけ利用するのも良いかも。ビール2本、ココナッツジュース、トムカーガイ、卵豆腐の野菜炒め、海老のすり身のはさみ揚げ、オニオンスープ、白米、もち米、で1300B位だったかな。

味はまあよいとおもう。個人的にはマンゴーツリー(バンコクや東京にある旅行者向けのタイレストラン)よりは美味しいと思う。

ちなみにこのウッドデッキの下のトイレにはこんなヤツが。

 

f:id:THAILAND:20170821151659j:plain

 

下のビーチはこんな感じ。

 

f:id:THAILAND:20170821151754j:plain

 

砂はまあまあ綺麗。

f:id:THAILAND:20170821151832j:plain

 

ホテルのすぐ近くは綺麗だが、少し離れると小さなゴミがあったが、パタヤならしかたがないのかな。

 

f:id:THAILAND:20170821152000j:plain

 

海水はクリアーではない。しかし西洋人はそんなに気にすることなく海に入ってた。

干潮時は結構な遠浅になる。

 

f:id:THAILAND:20170821152108j:plain

 

水質の問題なのかヤドカリは少しかいなかった。チャーム(ホアヒンの手前)の方が水質はよいのかな?

 

 

 

そしてランチの後、チビがトランポリンをしたいと言ったので、行ってみた。

周りには落下防止のネットもあり安全に遊べた。

 

f:id:THAILAND:20170821152501j:plain

 


ここの隣はウサギ村。

 

f:id:THAILAND:20170821152530j:plain

 

 

そして自然のブランコも。

 

f:id:THAILAND:20170821152611j:plain

 

子供が自然と楽しめるホテルとしては結構良いかも。

 

まとめると

自然が多い。

子供用プールが良い。

トランポリン楽しい。

大人用プールも雰囲気が良い。

朝食は値段相応。

ランチは眺望、雰囲気が良い。味もまあ良い。

部屋は清潔だが、ベッドのマットレスが好きじゃない。枕が少し・・・。

宿泊値段が高くない。

 

 

値段が安いからなのか中国系のお客さんが多かった。しかしマナーの悪い人はいなかった。日本人客は私達だけ。他にはタイ人のお客さんや西洋人もいた。

旅から帰ってきてホテルを再度調べると、ロンリープラネット(地球の歩き方みたいな本)に載ってた。

www.lonelyplanet.com

良い写真が多いね。

 

ブッキングできませんでした! 中国のネット旅行予約 Ctrip

急遽3連休になり、明日からいざ旅へ!
という事でtripadviserで飛行機やホテルをチェックした。いろいろと考慮した結果、行き先はパタヤに決定。
ホテルは結構埋まり気味なのか、メインロードや有名ホテルはフルブッキングか、値段が少し高め。それでもジョムティエン寄りは少し余裕が有りそうだった。そして評価のまあまあ良さそうなホテルThe Heritage Beach Resort

Ctripで安く出ていた。

 

f:id:THAILAND:20170821130628j:plain

 (宿泊予定日は違うが一応こんな感じの値段の違いだった。)

 

他のサイトの2/3ほどの価格。前回の旅行でCtripでの予約はなんの問題もなかったので、また予約し決済した。

前もそうだったのだが、カード決済してからバウチャーがメールで送られて来るのがAgodaに比べて少し遅い。まあ、シャワーを浴びて待つかと思い30分後にメールをチェックするも、音沙汰無し。21時30分に決済は済んでいるがその後4時間過ぎても変わりなし。諦めて寝た。


翌朝メールチェックするも何も来ていない。
7時40分にCtripに、まだホテルの予約が確定されてないんですけど?困ります!とメールした。しかしメールの返信がすぐには来ず、7時55分に日本のカスタマーサービスに電話。
電話の窓口は中国か日本だけだった。Ctripの日本語版のサイトで調べた連絡先だったからなのか?

 

f:id:THAILAND:20170821131407j:plain

 


電話に出たのはコウさんと名乗る中国訛りの日本語を話す人。予約番号、名前、宿泊先、日程を聞かれた。Ctripでは予約は受け取っているがホテルからの返信待ちと言われた。まあ納得はしないが、安く予約しようとしているのに、国際電話でゴネても面倒なので一旦電話を切った。

電話を切って5分後に携帯電話にCtripから英語でショートメールが来た。

 

f:id:THAILAND:20170821132154j:plain

 

ホテルは部屋をアレンジしています。Ctripはホテルと連絡を取り合ってますよ。確定したら連絡するよ! と・・・。

 

さらに20分後に同じ内容のメールが来た。

 

f:id:THAILAND:20170821133050j:plain


いろいろと諦めかけの中、再度tripadviserで検索したらCtripではまだ同じ部屋に空きがあった。グレードは違うが、booking.comも空きは少しあるようだった。そしてホテル直接のオンライン予約を見てみるとフルブッキングだった。

ホテルには旅行代理店枠があると聞いたことがあるので、諦めながらも次の策にでた。


8時55分、ホテルに直接電話した。するとホテルのブッキング担当の出社は9時30分だと。は?へ?そんな事あるんだ・・・。


どうなるんだと思いながら荷造りと他のホテル検索を試みる。未だにCtripではこのホテルは空いてる模様・・・。何なんだ!

諦め半分、パタヤに向かいながら、予約確定のメールを待とうと出かけようとした10時38分、見たことの無い番号から電話がかかってきた。

一言目は「ニイハオ」だった。
こっちが、は?、へ?と思っていると、コチラが中国人じゃないと判断し、英語喋れる?と聞いてきた。喋れないって言ったらどうなったんだろう?と今は思うが、このときはそんな余裕もなく、向こうの話を聞いた。

名前、ホテル名、日程、部屋のグレードを確認し、ホテルがフルブッキングで部屋がありませんと一方的に言われた。

コチラが無言でいると「アイム ソーリー」と・・・。


まあ、安い中国系サイトだし、英語でまくし立てる事もできない語学力なので諦めた。一応というか当たり前だけど、リファウンドは1〜7日以内にするという事だった。

 

そしてAgoda違うホテルをブッキングし、支払いを済ませたら1分後には予約確定してバウチャー来たよ。

もう1度言う。

すぐに確定したよ!

 

 

まあ、Agodaもパーフェクトではないらしいが、Ctripはリスクがある事が判明した。前回Ctripで予約し宿泊したホテルのレビューを書けばポイントが出て割引という事で、今回のためにホテルのレビューを書いた。そしてポイント(350円)を使おうとしたら出来なかった。

理由は日本円決済じゃないとダメらしい。

f:id:THAILAND:20170821134535j:plain

 


ダメじゃん!

 

 

前回の予約の記事。

thailand.hatenadiary.com

 

菅大輝って誰? ジェーのアシストを受けJ初ゴール!

日曜日の朝にタイ人からラインでこの画像が送られてきた。

『日本語が解らないので意味を教えて!』と。

 

www.instagram.com

[ 日本語も英語もタイ語も喋れない自分にとってはとても大変でした。笑 ]

 

日本語も?

 

まあこの謎の多い人物は誰なの?と思い調べてみたら、コンサドーレの選手だった。

土曜日に彼がジェーからアシストを受けてJ初ゴールを決めたらしい。

試合を見たSNS好きのタイ人からこの画像が回って来たのだろう。ほんとうにジェー効果は凄いな。インスタにもタイからコメントが多く寄せられている様だし、スタジアムにも・・・。

 

 

 

菅大輝選手は18歳と若い。コンサドーレでは最近サイドの選手の怪我が多くて出場機会が多いらしい。そして結果を出した。

先月のムアントンとの親善試合にも来ていたらしい。注目していなかったので来ていたことも知らなかった。

そして、youtubeではこんなのも。

 

www.youtube.com

彼がU16だった時の映像。背は大きくないのにパワー凄いな!と思ってたらなんだか見覚えのあるスタジアム。そしてこのシュート見たことあるぞ!

 

f:id:THAILAND:20170808133630j:plain

 

現場で見てたよ!

Jリーガーになったんだね。よかったね。

 

この時は、サポーター席に堂安サポがいて、堂安君に注目してた。キャプテンマークもつけてたし、今はもうJリーガーから海外挑戦しちゃってるし凄いなー。

そしてうまいなと思ったのが佐々木匠君。彼も仙台でJリーガーになってる。

他にもJリーガーで活躍してる子いるのかな?

 

f:id:THAILAND:20170808134346j:plain

 

7番が菅大輝君

6番が堂安君

21番が佐々木匠君。

サファリワールド キリンだけじゃない!@タイ

サファリワールドにまたまた行ってきた。5回目かな?

 

車内から動物を見るサファリパークと、徒歩で園内を回るマリンパークの二つからなるサファリワールド。マリンパークといっても、陸上動物もたくさん見られるし、ショーも豊富。

値段は両方セットで650B(タイ価格)。外国人は1400Bだったと思う。

 

 

今回の最大の目的はサファリ内での餌やりを見る事。パンフレットには虎が車の荷台から餌をもらってる様子のイラストが載っていた。

今まではやる気のない虎やライオンしか見た事がないのですごく楽しみ。

 

やる気のない様子の虎。

f:id:THAILAND:20161110195627j:plain

f:id:THAILAND:20170807153010j:plain

 

10時の餌やりショー?に間に合うように、9時40分頃にはサファリのゲートでチケットを購入。このゲートの前に他のショーのスケジュールがあるので、写真を撮っておくのをお勧めする。

 

f:id:THAILAND:20170807160948j:plain

 

その日によって2回公演だったりする場合や、ゲートでもらうパンフレットと時間が違ったりするので結構重要。今回もパンフレットでは14:30開演のドロフィンショーは写真を見返してみたら14:45開演だった。

 

違う日のタイムスケジュール。

f:id:THAILAND:20170807154505j:plain

 

まあ、だいたいこのようなスケジュールなのだろう。サファリパークの入り口だけでなく、マリンパークにもこの様な掲示板は何箇所かある。1度写真を撮っておけば便利である。

 

これはサファリワールドの地図。

f:id:THAILAND:20170807161712j:plain

 

マリンパークの外を覆う様にサファリパークが配置されている。①のゲートから左側に進むと、鳥やシマウマゾーン。その奥にラクダやダチョウ。そしてさらに進むと右側にここの売りであるキリンの群れ。

 

f:id:THAILAND:20170807162449j:plain

 

この場所はマリンパーク内のキリンの餌やりゾーンとつながっており、餌やりゾーンから見るとこんな感じ。餌やりは1バケツ100B。

 

f:id:THAILAND:20170807162704j:plain

 

そして、キリンの反対側にはサイ。

さらに進むと鹿ゾーン。10時に近い時間帯なのか鹿の餌が多く、動物たちは食事に夢中だった。

 

そして餌やり車両が現れたので後についていった。しかし猛獣ゾーンの手前でその車両は停まってしまい、何か準備をしている様子だった。係員に「何時から餌やりですか?」と尋ねると、「10時から。」と言われた。

 

しかたがないので先にライオンの場所に行って待つ事にした。

ライオンの場所に来ると、もうすでに5〜6台の車が良い場所にスタンバッていた。

そして10時になると餌やり車両が現れた。

いまでやる気のない猛獣をみてきたので、そのギャプに驚いた。

 

f:id:THAILAND:20170807164239j:plain

f:id:THAILAND:20170807164145j:plain

 

ほんとうに大迫力。

それにもまして、檻の中からゴム手袋で餌をやるスタッフにもビックリした。

 

f:id:THAILAND:20170807164736j:plain

 

ただ餌を与えるだけでなく、ライオンが立ったり、檻の上に登るように上手く餌をあげていた。時には檻の中からライオンを威嚇していた。

 

f:id:THAILAND:20170807164926j:plain

 

そして、さらなる驚きはその格好!?

なぜヘソ出し短パンなのかと・・・。

 

f:id:THAILAND:20170807171700j:plain

 

タイ感丸出しの餌やりショー。

 

虎のゾーンはどうなっているのかと、先に進んでみた。ここでも車が場所をとっていたが、あいたスペースに停車した。

すると先ほどの車がまたやってきた。

 

f:id:THAILAND:20170807172223j:plain

 

ここでもゴム手袋で餌やり。

 

この場所は、道路と虎が異様に近い。

 

f:id:THAILAND:20170807172347j:plain

 

なので虎が一般車を威嚇する。

そして虎が車に近ずくと、下の写真の車(シマウマ号)が虎にめがけて突っ込むのである。

 

f:id:THAILAND:20170807172651j:plain

 

すごい勢いで虎に向かって行くので虎は逃げる。しかし1匹の虎はシマウマ号(窓ガラス全開)に牙を剥き威嚇していた。これもショーの一部?と少しの疑問はあるが迫力満点。

 

 

興奮冷めやらぬまま、猛獣ゾーンを後にした。ちなみに猛獣ゾーンと草食動物ゾーンは2重の金網の扉で遮断されており。車が来ると開くようになっている。

 

車を駐車場に止めて次はマリンワールドへ行った。

最初にシーライオンショーを見た。

 

f:id:THAILAND:20170807173835j:plain

 

タイ語と英語で愉快なショー。ちいさい子供にはウケが良い。

ショーの終わりには400Bでアシカと一緒に記念写真が撮れる。

 

f:id:THAILAND:20170807174709j:plain

 

目力がありすぎて怖い。

 

 

次にエレファントショーを見に行った。園内は広くシーライオンショーの場所から結構歩いた。

ショーは他の動物園で見たことがある内容も多かったが、象が絵を描くパフォーマンスは初めてみた。そしてその絵を700Bで売っていた。

誰が買うんだろう?と思っていたら3人ほど買っていたので驚いた。

 

その他はキリンの餌やり、イルカショーなどで、新しい体験はしなかった。

 

これで、カーボーイスタントと鳥のショーを見ればサファリワールドは完全制覇。

また行くのかな・・・。

 

 

以前の記事は以下。

 

thailand.hatenadiary.com

 

thailand.hatenadiary.com