THAILAND’s blog

タイ在住の・・・。

整形した同僚。 @バンコク

いつもはメガネしてない同僚が、アラレちゃんメガネで出社。

 

私『なぜメガネしてるの?』

心の中は『コンタクトしてたっけ?ファッションメガネ?』

 

同僚『整形を直したの。』

 

私『は?』

 

同僚『以前に整形をして、それを直したの。』

 

『は?はぁ?』

 

同僚『前はナチュラルにしてたの。解らなかったでしょ?てへっ!』

同僚『オペした先生が、『もっとぱっちりした目に直したい!』と言ったから・・・。』

 

私『・・・。』

 

 

 

整形してた事も知らんし、

そんなに明るく隠さず言うんだね。

 

もともと美人なのに気軽に整形するんだね。

その美人も工事後って事か?

しかし双子の妹(姉?)も、ほぼ同じ顔の美人なのでプチ工事なのか?

 

あれ?二人共に工事してるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The Marvel Experience Thailand @バンナー

フジスーパー1の近くでMarvel Experienceの出張所が出ており、クーポンを配っていた。

f:id:THAILAND:20181017173715j:plain

 

※の注釈には、

(ワークパーミットまたは、タイに滞在可能の証明が必要)

 

と書いてある。

裏面はこんな感じ。

f:id:THAILAND:20181017183829j:plain

 

 

以下HPより。

f:id:THAILAND:20181017174041p:plain

 

元の値段がこれなのでかなりの割引。

 

 

 

前から少し気になっていたThe Marvel Experience。

チビもメガバンナーに行くたびにアヴェンジャーズのポスターを見かけては、

『あれ何?』と聞いてくる。

英語、タイ語、中国語の案内で、しかもMarvelの映画をほとんど見たことのない人が楽しめるのか?

大人1500Bて!?と思い腰が引けていた。

 

 

しかしこんなに安いなら行ってみようと!

 

 

メガバンナーに車を停めて歩いていると、メガバンナーのインフォメーション近くにもブースが出ていた。

ここでも割引のクーポンあったし、日本語喋れるガイドの人もいた。

色々と聞いていると、チビはやはり怖く感じたらしく、

『行かない!』と言い出した。

しかし『今日はスパーダーマンと写真が撮れるよ!』と言われ、怖いながらも行くことになった。

メガバンナーの3ヶ所くらい(東側のロータリー)からシャトルが出ており、カートで現場へ向かう。

 

IKEA側の駐車場の奥にそれはあった。

近代的な綺麗な建物。

 

 

さて中に入るともうスパイダーマンがいた。

f:id:THAILAND:20181017175304j:plain

 

たくさん人が並んでいた。

携帯電話を渡せばプロが撮ってくれるし、プロのカメラでも撮ってくれる。

その写真のプリントも買える様だった。

 

f:id:THAILAND:20181017175431j:plain

 

チビも一緒に写真を撮ってもらい満足した様だった。

そして、2階のプレールームを発見して『行きたい!』と言い出した。

 

とりあえず二階には上がるが、こちらは遊ばせる気はない。

病み上がりで走り回られたら困るし、それだったらMarvel Experienceに行こうよ!と思う。

プレイゾーンは2時間、300Bだったかな?

入る気ないので覚えてない。

この広さならエカマイのゲートウェイの方がコスパ良い。

f:id:THAILAND:20181017175940j:plain

 

かなり遊びたかった様子だが、なんとか言い聞かせて現場を離れる。

 

 

 

 

2階の反対側はMarvel Experienceのエントランスかな?

f:id:THAILAND:20181017180429j:plain

 

 

 

お土産ゾーンを通って元の場所へ。

 

アベンジャーズのムエタイパンツ。

f:id:THAILAND:20181017180325j:plain

 

f:id:THAILAND:20181017180153j:plain

 

 

帰ろうとした時に、バルーンアートをしているブースを発見。

その他にもペイントコーナーなどもあり、チビが食いついたので行ってみた。

 

f:id:THAILAND:20181017181943j:plain

 

エントリーフィーは、Marvel Experienceのチケットを買ってない子供は100B。

持ってれば無料らしい。

大人は無料。

 

 

バルーンは無料で頂けるのだが、待ちが長すぎた。

 

他にも色々あった。

f:id:THAILAND:20181017182136j:plain

 

フェイスペイントや、ネイルもやってた。

 

似顔絵コーナーでは、顔はそのままで、衣装をアベンジャーズで描いてくれる。

値段は紙のサイズによる。

MarvelのExperienceはないけど、似顔絵だけExperienceした。

絵描きさんの前に座って描いてもらうのではなく、スマホで写真をとり、じゃあ約40分後にきてください!との事。

出来は満足のいくモノだった。

600B位だったと思う。

 

 

結局Marvel Experienceには行ってないので中の楽しさは解らない。

チビは大きい音と暗いのが少し怖いのでもう少し大きくなったら、『行きたい!』と言うのかな?

体験した人の話を又聞きしたのだが、怖がっている小さい子もいた様だ。

 

小学生の高学年なら余裕で楽しめるのかな?

ただ、英語のアナウンスでどれだけ楽しめるかは謎。

 

 

 

また、クーポンもちゃんと使えるのかは解らない。

FBのページhttps://www.facebook.com/themarvelexperiencethailand/には、タイ語でaisのキャリアなら、チケット売り場で携帯電話操作して、4人分まで割引値段と書いてあるらしい。DTACや、TRUEも割引はあるみたい。

会社のタイ人に慌てて訳してもらったので確証はないが、色々な会社の提携割引を受けることができみたいだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ 対 トリニダード・トバゴ @スパンブリー

代表ウィークは日本代表だけじゃない。
タイ代表も試合はある。
1試合目は香港に乗り込み1−0で勝利。

なぜか右DFに男前のハーフが多いタイ代表なのだが、その中でも一番新しいフィリップ・ローラーが得点を決めた。(仕事できちんと見れてないが)

www.facebook.com

 

またこの香港遠征は、J リーグ三銃士(ティーラシン、ティーラトン、チャナティップ)は不参加だった。

 

 

さて今回のホームでの試合は、三銃士が凱旋帰国という事で観に行くき満々だったのだが、会場がスパンブリー。

バンコクから車で2時間ぐらいかかる。

なんでそんな所で・・・。

 

 

なので諦めて自宅でテレビ観戦。

 

 

 

どうやら代表キーパーのシンタウィチャイ(スパンブリーfc)の代表引退試合も兼ねているからスパンブリー開催だったのか?

 

 

 

スパンブリーfcの過去記事。

thailand.hatenadiary.com

 

 

 

そのシンタウィチャイは好セーブの直後の前半15分過ぎにキーパー交代。

 

 

三銃士は来てるが、ガウィンは来てないのかな?画面に全く映らない。

 

 

三銃士の中では一番Jリーグの試合に出てるチャナティップは札幌よりも低めでプレーしてたのかな?

あまり目立たない。

やはり三好や菅ちゃんの様な人と絡んだ方が良いのかな?

チャナナンや、ティーラトンは全くタイプが違うもんね。

 

ティーラトンは思いの外Jリーグで使われているし、Jの試合の攻撃面では良い味を出してると思う。タイにいる時よりも長所は更に伸びていると思うし、弱点の荒さや気性はすこぶる向上したと思う。

この試合の攻撃面では、ムアントンでの後期みたいに自由に(偽サイドバック?)やっていたかな。

神戸ではあんなに内側に入らないよね?知らんけど・・・。

守備では相手7番に手こずってた様に見えた。

 

 

ティーラシンもあまり目立ってなかったかな?

言い方は少し悪いが、広島での周りの人に比べればタイ代表は落ちるので、やりにくかったのかな?

パトリックも青山も柏も佐々木も和田もいない。

 

まあ、ランキングではかなり上のトリニダード・トバゴ。

そんなに簡単に試合は運べないから、三銃士の不調も仕方がないのかな?

 

 

 

冒頭で右DFは男前ハーフの宝庫と述べたが、少し今まではトリスタン・ドー、そして前試合はフィリップ・ローラー。

そしてこの試合はミカ・チュニュオンシー(読み方あってるかな?)

ミカは代表に選ばれたり選ばれなかったりしてたと思う。波が大きいのかな?

そして彼は、ここ何年かで古豪復活したバンコクU所属の選手。

イケメンマッチョの選手で、そんなに走らないのかな?と思ってたら、ちょくちょく前に顔を出す選手でこれまでの印象からガラッと変わった。

しかし相変わらずオデコが広い!

禿げてるわけじゃないんだがデコが広い!

 

 

 

 

 

ちなみにバンUからもう一人DFのハーフが代表入りしてる。

そちらはイケメンとは呼ぶのは厳しいかな?

www.siamsports88.com

 

 

そして代表では一番黄色い声援が飛ぶハーフのチャップイは今回招集されてない様だった。

試合には出場してないが、

ハーフタイムのCMではアイドル顔負けの感じで出演してたよ!

www.youtube.com

 

 

前半は、チャナナン(スパンブリfc)がガンガン行く感じが頼もしかったが、決め切るまではいかなかった。

 

試合途中で観客のスタンドが映されたのだが、タイ代表とコラボしているBNK48が何度か映されていた。

やはり人気者にあやかるしかタイサッカーを盛り上げる術はないのかな?

twitter.com

twitter.com

 



 


そして後半。

ティーラシンは前半で終了!

なのでティーラトンがキャプテンマークを巻いていた。

 

そして61分、チャナティップもティティパンと交代。

 

後半は7番のスマンヤ?がタイの攻撃をコントロールしてたのかな?

どこのチームの人なのかと調べてみたら、

バンUで11番背負ってるんだね。

 

そして、スマンヤのチップキップパスからティティパンが確実に決めて1−0。

ナイスアシスト&ナイスゴールでした!

 

そしてチャナナンの代わりにササラックが入った。

ササラックに何度かチャンスが来たが決め切ることが出来なかった。

 

 

 

ササラックの記事。

thailand.hatenadiary.com

 

 

 

 

試合はそのまま1−0でタイの勝利となった。

 

 

 

少し前までのタイ代表は

 

タイ代表=ムアントンU

 

だったのだが、

 

バンUの人が多くなった。

ポッカーオも、サンラワットもきちんと呼ばれて試合に出てるし!

ミカに、マヌエルに、スマンヤに他にもいるんだっけ?

 

もう一つ気になるのが2部に落ちるバンコクグラスのティティパンとタナブン。

彼らは来季のチームはどうするんだろう?

 

 

今回三銃士は派手な活躍はなかった。

彼ら以外でまたJに行く人が出るのかな?

ハーフ選手が多いタイ代表。

チャップイが何かのインタビューで、タイのハーフ選手はJリーグのタイ枠(アセアン枠だっけ?)での出場は厳しいと言ってた。

これって国籍の問題なのかな?

2重国籍の人はタイ枠ではJリーグ出れないって事なのかな?

 

まあ、憶測の域を超えないがハーフはJリーガーになるのは厳しいのかな・・・。

 

 

 

 

 

 

キンジェー 金Jじゃないよ! @バンコク

キンジェーと聞いて金曜のJリーグ開催と思っておられる方はどれだけいるんだろう?

 

 

タイではキンジェーといえばこれ。

f:id:THAILAND:20181012182743p:plain

 

街のレストラン、屋台、スーパーの食料品売り場が黄色地に、

赤文字ので溢れる。

 

 

最近まで『キン』が食べるの意味で、『ジェー』野菜の意味だと勝手に思っていた。

このキンジェーは菜食期間のようなものであり、先ほどのマークがついているところでは、肉なし料理が食べれる!(魚もなしみたい。)

だからは漢字は違うが読みは同じ!という、言語の国境を超えた感覚で解釈していた。

我ながら馬鹿だ。

 

ちなみに、タイ人全員に肉禁止令が出ているのではなく、多くの中華系のタイ人の方がこの習わしに従いキンジェーしてる様だ。強制力は無い!

 

また、キンジェーでなくても普段から牛肉を食べない人が多いタイ。理由は色々あるらしいが前の会社のスタッフ曰く、『牛は働き者でかわいそうだから!』らしい。

 

 

で、勘違いしていたという漢字の意味を調べて見た。

 

仏事の際に寺院で出される料理、斎食精進料理

 

という意味があるらしい。 wikiより

 

 

へー知らなかった。

中国語の意味も日本語とほぼ同じみたい。

 

なのでキンジェーは中国から来た精進料理という事なんだね。

 

 

ちなみにタイ語表記では กินเจ

กิน がキンで、เจ がジェー。

 

 

突然だが、Jリーグ札幌のタイ人選手、チャナティップのチューレン(あだ名)も  เจ ジェー。

 

斎食が由来のジェーなのかとタイ人に聞いて見たら、

Jetrin Wattanasin の  เจ から来てるんじゃない?

と言われた。

なんの確信もない様な返答だったけど・・・。

 

ちなみに歌手のジェー

 

奥さんも芸能人の様だし、最近は彼の息子たちも芸能活動してるみたいだね!

 

彼が売れ出した頃とチャナティップの生まれた時期が近いからもしかしたら可能性ありかも!?

 

 

 

『カメラを止めるな!』前情報を入れるな!@バンコク

一時帰国時のやりたいことリストで出来なかった項目の1つ。

 

映画『カメラを止めるな!』を観る。

 

をやっとバンコクで達成できた。

 

日本では田舎滞在であったので映画館に行くのにも時間がかかるし、暇がなかった。

しかし暇そうだった甥っ子たちに、

『見てくれば?』と、お金を渡したら素直に見に行った。

 

そして、彼らが見終わった後、

『ストーリーは言わんで良いので何点だったか教えて!』と聞くと

『5点満点で、4点!』だった。

厳しいなー。

 

出る側の芸能人や作る側の業界人が絶賛なのに、甥っ子たちはクールやね。

お金渡して見てくれば?と言ったのに、

忖度なしの若者。

 

もしかして忖度して4点だったのか?の不安もある・・・。

 

 

ここで、何としても時間を作って映画を観るぞーとは(日本では)ならなかった。

 

 

 

タイに戻ってから仕事に撲殺されそうになっていた。

気晴らしでネットを見ると、いまだに『カメラを止めるな!』の話題が出てくる。

この映画は前情報を入れるな!がセットなので、なんの記事も読めない。

 

そんな中、バンコクでも上映が始まるというニュース。

 

もう見るしかないでしょ!と。

 

 

 

仕事終わりに一人だけで行くのは家族に悪いので、帰宅後皆で食事をとり、チビが寝た後に一人で観に行った。(相方には悪いけど・・・。)

 

そしてタイ語吹き替えでなく日本語オリジナルで近場を検索するとQuartier CineArtが出て来た。

プロンポンのEm Quartierのシアター。

 

BOUNCEの隣。 

thailand.hatenadiary.com

 

ここでの映画鑑賞は初めて。

タッチパネル式で映画を選ぶ。

日本語にしたけどなんか変。

f:id:THAILAND:20181011130829j:plain

 

サウンド?って!?

オリジナル サウンドって事?

 

f:id:THAILAND:20181011130927p:plain

 

座席を指定し、お金を払う。

普通席140B。

f:id:THAILAND:20181011131102j:plain

 

 

しかしデビットカードを受け付けてくれず、スッタッフ登場。

 

f:id:THAILAND:20181011131142j:plain

 

 

横の端末で処理してもらった。

 

22時の上演で15人ほどのお客さんだった。

f:id:THAILAND:20181011131253j:plain

 

周りはほぼ日本人だった。

後ろの方にモロ業界人ぽいタイ人がいたけど、業界感出し過ぎで仕込み?かと!

 

 

 

以下ネタバレ注意。

 

 

 

 

 

 

 

事前情報は、

1、ホラー

2、どんでん返し

3、カメラ酔い

4、芸能人業界人絶賛!

5、B級の低予算映画

 

 情報入れるなという割にいろんな情報が入って来てしまった。

 

オープニングからB級映画感が満載!

映像は粗いし、圧縮もひどい。

そしてカメラが揺れる。

ステディカムを使う予算はなくても、最近は稼げないユーチューバーでさえスタビライザー使ってるんだから!それくらいレンタルしなよ!

と、少しカメラ酔いしながら思った。

 

 

演技もマジなのかわざとなのか判らない微妙な女優。

そして変な間が多い。

 

ある程度して、これワンカットで行くんだ!と気づく。

まあ、編集点は何度か見つけられたが、そこはミソじゃない。

 

そして微かな疑問がちらほら湧いてくる。

 

辻褄合ってなくない?

ドアの横に人が写り込んで動かないんだけど?

主観のカメラも演者なの?

監督役とカメラマンが劇中なのに絡んでない?

 

と疑問はあるが、ホラーの要素はかなり残ったまま話は進む。

 

この時点では変なことが多いがまだホラー映画なんだろうとカメラ酔いを我慢しながら観続けた。

 

しかし座席の後ろの方の観客が、

笑う感じではないタイミングでキモい声で笑っている。

 

あれ?こいつもゾンビになったのか?

謎だっ!

 

 

単純に変な人が来てるのか?

 

真剣に見ようとしてるのでイラっとしたし怖かった。

 

そして、ハテナ?なことは増えるがB級ホラーなまま話は続く。

そしてホラーのエンディング。

屋上の星のマークを見て、なんとなくのストーリーは解った。

そしてエンドロール。

 

え?終わり?

ナニこれ?全然おもんないじゃん。

0点じゃん。

忖度の4点じゃん!

あえて評価するところがあるなら

『ぽんっ!』だけじゃん!

 

 

 

と思ってたら、ここからが本当の始まりだった。

 

ここから第2幕の始まり・・・。

 

 

実はこの冒頭のホラーは、さえない監督が撮る1カット長回しの生ドラマだった!というネタバラシのドラマが始まった。

 

ここからシリアスになるのかな?と思ったが、キャストはさらにB級を飛び越えてC級へと堕ちて行く。

コテコテのおばちゃんPが出て来たり、いかにも業界にいそうなイケメン風で適当に仕事してる風のP。

 

いやー このままで面白くなるの?と不安が出て来た。

期待感が高いと色々勘ぐりたくなるので素直に観れない。

 

その思いはあるんだけど、フィナーレに向けてテンポよくどんどんとアイテムを詰め込んでくる。

 

そして第3幕は、前振りへの回答が笑いと共に押し寄せてくる。

さらに製作者の熱いモノも湧いてくる。

 

いやぁ〜素晴らしい。

 

面白かったよ!

 

 

そして途中でキモ笑いをしていた人の謎が解けた。

推測の域を超えないが、彼は2度目の鑑賞なのだろう。

オチを全部知ってるから、1幕目のホラーから撮影の裏が見えて笑ってしまったのだろう。

ここで笑えば初見の人に迷惑がかかるから笑いを堪えていたのだろう。

だからあんなキモい笑い声になったのだろう。

キモいと言ってごめんなさい!

Youの気持ち解ったよ!

 

 

 

ストーリー 5

映像    4

音楽    5

感動    5

笑い    5

へー    5

(5点満点)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ONE Championship 試合観戦編 @インパクトアリーナ

はじめてのお使いならぬ、はじめての格闘技観戦。

ムアントンタニのIMPACTは物産展、モーターショー、テニス観戦で来た事あるんだが、アリーナは多分初めて。

 

 

前編は以下。

thailand.hatenadiary.com

 

チケット抑えた時は平面図だったので会場の想像はうまくできなかった。

しかし入ってびっくり!かなり見やすい席だった。

 

f:id:THAILAND:20181008221607j:plain

 

真後ろの席はVIPだった。

アリーナ部分と、2回席の間にVIP席がある作りだった。

f:id:THAILAND:20181008221734j:plain

 

開場時間からかなり経ってやっと第1試合。

客の入りもまばら。

前座ってこんな感じなんだね。

相撲中継で見る幕下の時の感じ。

 

f:id:THAILAND:20181008222657j:plain

 

客が少ないのでパンチの音がよく聞こえた。

 

タイの選手はやはり人気があるし、応援団もきてる。

f:id:THAILAND:20181008222818j:plain

 

ハイキックからのコンビネーションででOK勝ち。

f:id:THAILAND:20181008223114j:plain

 

勝って、DA PUMPの『USA』らしきのを踊ってた。

f:id:THAILAND:20181008223233p:plain

 

試合自体はすごく良いんだが、決着が早めにつくとインタビューをして無理やり間をもたせてる。

サッカー観戦に慣れている私には間延びがして、少し興ざめだった。

 

 

そして、会社の同僚のガールフレンドの知り合い?友達?と言う噂の人。

f:id:THAILAND:20181008223738j:plain

 

メイドのコスプレで入場。

 

コスプレはよくするようで、以前の入場の映像も流れてた。

f:id:THAILAND:20181008223906j:plain

f:id:THAILAND:20181008223941j:plain

 

タイ、日本のハーフでタイで格闘家をしてるRIKA ISHIGE選手。

femininbeauty.net

 

マウント取ったり、寝てからのパンチでレフェリーストップで、見事勝利。

ちなみにレフェリーは日本でもよく見る島田裕二さん。

 

他にも日本人レフェリー多数きてたよ!

 

 


勝利インタビューでは英語での受け答えをきちんとこなし、タイ語でもきちんと挨拶をする立派な人でした。人が良さそうなので人気出るよね!

f:id:THAILAND:20181008224833j:plain

 

 

そして日本人選手登場。

KUDO MASAHIDE選手。相手はタイ人選手。

f:id:THAILAND:20181010131037j:plain

 

結構前に出てファイトしてたんだが判定負け。

日本人目線じゃ勝ってた気がするんだけど完全アウェーなんで厳しいね。

f:id:THAILAND:20181010131236j:plain

 

 

 

また日本人!

HAYATO SUZUKI選手。

f:id:THAILAND:20181010132448j:plain

 

グラウンドに持ち込んでタップアウト勝ち!

f:id:THAILAND:20181010132649j:plain

 

 

 

タイ人対ロシア人選手。

f:id:THAILAND:20181010132922j:plain

 

タイ人選手は肘がうまく相手をカットさせてた。

終始アピールするし、打たれても結構へっちゃらっぽい。

また観客も撃つ度に、『オー』とか掛け声出すので完全にタイ選手ムード。

しかしながら判定負けでした。

 

 

そしてヘビー級。

f:id:THAILAND:20181010134047j:plain

 

金的でノーコンテスト!?

f:id:THAILAND:20181010134205p:plain

 

ここまでが前座なのかな?

相撲で言うところの中入り

幕内力士たちの土俵入りが始まった。

ステージの電飾やレーザーライトが5割り増しで光りだし、有名どころの選手が次々と登場。

青木選手やアンディーサワーも舞台に上がった。

 

f:id:THAILAND:20181010140501j:plain

 

1試合挟んでアンディーサワー登場。

f:id:THAILAND:20181010141348j:plain

 

懐かしい。

f:id:THAILAND:20181010141541p:plain

 

構えとか、間の詰め方も昔と変わってない。

f:id:THAILAND:20181010141805p:plain

 

最終3ラウンドまで撃ち合い判定負け。

この頃になってほぼ満席。

f:id:THAILAND:20181010142015j:plain

 

続いてタイ人選手登場。

f:id:THAILAND:20181010142643j:plain

 

相手を圧倒して、最終てきに戦意喪失させてた。

f:id:THAILAND:20181010142811p:plain

 

しかしムエタイルールなのになぜオープンフィンガーなんだろう?

 

 

はいきました。

f:id:THAILAND:20181010143757j:plain

 

と思ったら、謎の盛り上げTIME。

f:id:THAILAND:20181010143926p:plain

 

Tシャツを投げたり、バズーカーで撃って観客にプレゼント!

f:id:THAILAND:20181010144107j:plain

 

まあまあ盛り上がってました!

f:id:THAILAND:20181010144222j:plain

 

ちなみに皆さんが持ってるライトセーバー的なモノは1座席に1つ用意されてました。

 

 

はい!待ってました!バカサバイバー!

f:id:THAILAND:20181010144447j:plain

 

セコンドに宇野薫?

f:id:THAILAND:20181010144634j:plain

 

f:id:THAILAND:20181010144901p:plain

 

あっという間にタックルしてすぐに締め上げて試合終了!

 

f:id:THAILAND:20181010145030j:plain

 

お尻ぺんぺんはパフォーマンスなのか、スポンサーアピールなのか謎。

そして観客席に走りだした。

途中で観客とぶつかり相手は吹っ飛んでた。

 

f:id:THAILAND:20181010145250j:plain

 

日本から来てるファンのところにでも行ったのかな。

 

 

f:id:THAILAND:20181010145357j:plain

 

声ガラガラで聞き取りにくかったけど、ナイスマイクでした!

f:id:THAILAND:20181010145609p:plain

 

 

1Rで終わったからなのか、また盛り上げTIME。

もう眠たい。

f:id:THAILAND:20181010151127j:plain

 

 

ここからはタイ人大盛り上がりの2試合。

ONE のチャンピオン対タイ人選手STAMP FAIRTEX。

FAIRTEXはタイのムエタイ製品メーカーであり、ジムもあるらしい。

タイ人選手のリングネームは 

呼び名 + ジム 

呼び名 + スポンサー

が多いね!

彼女もかなり人気者!声援がすごかった!

 

f:id:THAILAND:20181010151300j:plain

 

f:id:THAILAND:20181010151425j:plain

 

バンドを引き連れての登場。

f:id:THAILAND:20181010151539j:plain

 

会場は大盛り上がり。

特に真後ろのVIPが盛り上がりすぎだなぁ思ってたら、どうやら関係者らしい。

 

f:id:THAILAND:20181010151913j:plain

 

試合は両者とも攻め続ける良い試合だった。

しかしキックボクシングルールなのに、ムエタイの様に投げたり、組んでからの蹴りの回数が多かったりと謎なルールだった。

現王者は何度も首を傾げたりしてたので審判に不満があったのかな。

 

最終的に判定に持ち込まれ挑戦者の勝利で新チャンピオン誕生となった。

 

f:id:THAILAND:20181010152940j:plain

 

そして涙の勝利者インタビューとなり、会場は大盛り上がり!

 

 

 

やっとメインです。

会場入りしてから5時間位経ったのかな?

f:id:THAILAND:20181010153215j:plain

 

ONEとWBCは同じ組織じゃないのにONEの舞台でWBCをする。

どうなってるんだろう?

WBC側はここで試合をすることでボクシング以外の客層も取り込みたいのかな?

ONE側はボクシングファンの流入を見込んでるのかな?

 

チャンピオンのシーサケットはタイではとても有名。

会社の人に聞いたらほぼ全員知っていた。

ブアカーオよりも認知度は高いと思う。

 

やはりすごい人気。会場大歓声!

f:id:THAILAND:20181010154738j:plain

 

f:id:THAILAND:20181010154830j:plain

 

M-150が大スポンサーなんだね。

日本人には馴染みのない『M-150』エム ロイハーシップ。

タイのレッドブルの様なドリンク。

まあ、レッドブルもタイなんだけど・・・。

 

 

M-150の記事発見!

ミソ!ってオモロイ!

asianwaker.com

 

国王讃歌か、国歌斉唱するのかと思ってたが無かった。

なんで?

 

 

 

試合開始からチャンピオンは強かった。

中盤に決着つくかな?と思ったが挑戦者も粘りを見せた。

f:id:THAILAND:20181010155801p:plain

 

試合の真っ最中なに後ろがザワザワ。

なんとSTAMPが真後ろに来てた。

f:id:THAILAND:20181010163631j:plain

 

気さくにファンの写真撮影に応じてる。

なんて良い子なんだ!

まあ、チャンピオンが試合してる途中なんですが・ ・ ・ 。

 

 

結局最終ラウンドまで戦ったが、誰の目から見ても王座防衛は明らかだった。

f:id:THAILAND:20181010163945j:plain

 

判定も表彰式も待たないで帰路に急ぐ人が多かった。

まあ、もう24時近くなんで・ ・ ・ 。

 

 

そして判定はチャンピオンの防衛!

f:id:THAILAND:20181010164202j:plain

 

WBCの主催だけではこんな紙吹雪演出もなかったのかな?

 

f:id:THAILAND:20181010164310j:plain

 

おめでとうチャンピオン!



 

KOUEN SUSHI BAR @ラチャダー

メガバンナーランチのリベンジに行ってきた。

というか連れて行って頂いた。

 

以下過去記事。

thailand.hatenadiary.com

 

 

そして、ボスが社員を招待したかった店がコレ。

KOEN SUHI BAR

f:id:THAILAND:20181006021145p:plain

 

タイでありがちな日本食ビュフェレストラン。

タイ歴長い人は一目で日本人経営じゃないと解るお店のロゴと店構え。

しかしこのタイプのお店はタイ人に人気がある。

有名どころでは『Shabushi』とかなのかな?

しゃぶしゃぶとか寿司のビュッフェだと思うが、タイ人の人気はすごい。

休日のランチ時には外まで並んでる。私は一度も入ったことがないけど・・・。

 

 

 

このお店も外まで並んではいないが、外の席以外は満席だった。

 

いつもシステムを理解せずにどんどん注文するので、今回もシステムや料金体系は良く解ってない。

しかしメニューを見れば、ビュフェの種類が3種類あるのかな?と推測。

 

まずは699Bのセット。

f:id:THAILAND:20181006022443p:plain

 

 

 

この値段で頼めるメニュー。

f:id:THAILAND:20181006022726j:plain

f:id:THAILAND:20181006022755j:plain

f:id:THAILAND:20181006022822j:plain

f:id:THAILAND:20181006022901j:plain

 

写真の撮り順で前後しているかもだけど、多分上の4写真が699Bビュッフェ。

 

 

 

そして999Bのセット

f:id:THAILAND:20181006023044p:plain

 

 

f:id:THAILAND:20181006023157j:plain

f:id:THAILAND:20181006023221j:plain

 

 

そして1299Bのセット

f:id:THAILAND:20181006023319j:plain

f:id:THAILAND:20181006023424j:plain

f:id:THAILAND:20181006023506j:plain

 

ざっくりとメニューはこんな感じ。

順番が前後してればすみません。

 

 

以下のオーダー表に個数を書いて店員に渡します。

f:id:THAILAND:20181006023603j:plain

 

飲み物はセルフでウーロン茶、緑茶、水、コーラ、ファンタとかだった。

ウーロン茶はシュガーフリーと書いてあったが、サントリーの烏龍茶のような味ではなく、もっとハーブ感のある味だった。

緑茶は甘かった。

 

アサヒビールのサーバーがあったので酒も飲めると思う、料金形態は聞かなかった。

 

さて、程なく料理登場。

f:id:THAILAND:20181006023954j:plain

 

サーモン率高い。

サーモンは美味しかった。ハマチは少し淡白だった。

エビは湯引きしてあったのかな?記憶が曖昧。

マグロもホッキ貝も食べなかった。

 

エンガワとエビのロール。

f:id:THAILAND:20181006024229j:plain

 

肉のロール。

f:id:THAILAND:20181006024324j:plain

 

肉の握り。

f:id:THAILAND:20181006030700j:plain



 

 

エンガワとかフォアグラとかうなぎのお寿司。

f:id:THAILAND:20181006024428j:plain

 

こちらは鰻巻き。

f:id:THAILAND:20181006030020j:plain

うなぎはそんなに好きじゃないんだが、かなり美味しかった。

 

 

蟹味噌はこのまま火にかけて食した。

f:id:THAILAND:20181006024548j:plain



メニュー写真撮り忘れたけど、ローストビーフを頼んだつもりだったんだが、

f:id:THAILAND:20181006030207j:plain

 

ムーヤーン的なもの(牛だけど)に、まさにコームーヤーンのタレ!

美味しいが求めたモノはこれじゃない!

私以外誰もは一人も手を出さなかった!

 

 

 

ステーキ。

f:id:THAILAND:20181006030344j:plain

見た目はファミレス感が満載だけど、柔らかくて美味しかった。

 

牛肉の朴葉焼き。

f:id:THAILAND:20181006030739j:plain

f:id:THAILAND:20181006030901j:plain

 

 

今回は牛肉有りと、牛肉なしのテーブルに分かれての食事会。

 

私は牛肉まみれのビュッフェだった。

味も満足、量は完璧にキャパオーバーでした。

 

欲を言うなら肉の味を少し変えて食べたかった。

肉系は、ほぼ照り焼き系のタレが付いていて、後半甘くて疲れました。

まあ、朴葉焼きを5枚も食べたのでそう思ったのかな?

皆さん頼みすぎ!

 

そしてキャパオーバーにもかかわらずアイスクリームも完食してしまった。

 

いやー満足でした!

ボス! ありがとうございました!