THAILAND’s blog

タイ在住の・・・。

タイのバイクメーカー GPX   ドゥカティーのパクリ!?

最近ちらほら見かけるクラッシックなバイク。

HONDAでもYAMAHAでもKawasakiでもSUZUKIでもない。

どうやらタイのメーカーらしい。

その名もGPX

元々は4輪バギーを作っていたメーカーらしい。

そして、最近は販売台数でSUZUKI、Kawasakiを抜いたらしい。

 

タイのバイクブランド"GPX"が今年1月~4月のバイク販売台数がカワサキ・スズキを抜いて3位に - ANNGLE

 

 

 

デパートで展示しているのを見かけた。

 

f:id:THAILAND:20180116141605j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116141655j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116141727j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116141932j:plain

 

 

価格表も。

f:id:THAILAND:20180116141836j:plain

 

 

安いね。

ここのDEMONという車種がドゥカティーのパクリっぽいという意見が多い。

タイで見つけた新型ドゥカティモンスター???

 

しかし、新しいデザインも出しつつあるようだ。

response.jp

 

まあ、上の記事に反論する気はない。

見た目は結構似てると思う。

(Kawasakiのエストレアだってトライアンフのパ◯リっぽく見えるもんね!)

 

 

 

会社のベスパ乗りに意見を求めると、

『あれは、若者(子供)の乗り物!』という少し厳しい意見を頂いた。

 

HondaのSonic150*に乗ってる人は、

『中国のメーカーでしょ?』

『でも、Demon 150 GR*はかっこいい!』

と賞賛してました・・・。

 

 

Demon 150 GR*

dougarider.com

 

 

HondaのSonic150*

motorcycle.boxzaracing.com

 

 

バンコクでバイクの試乗ができる!? HONDA BigWing

同僚がホンダのCBR(500ccだと思う)に乗ってる。

どこで買ったの?と聞いたらHONDA BigWingだと。

 見かけたことはあるが、店内に入ったことはなかったので行ってみた。

 

f:id:THAILAND:20180116121818j:plain

 

平日の昼なのにお客さんはまあまあいた。

 

街中にもバイク屋はあるが400c以上のバイクはほぼ置いてない。

そんな店では125ccや、150ccはラインナップが多いし気軽に買える。

大きくても300cc位までかな。

以下フォルツァ300(279cc)。16万バーツ位。

f:id:THAILAND:20180116124334j:plain

 

 

 

そのほかに、個人輸入なのか中古なのか大型バイクを置いているお店もあるが、HONDAの大型バイクを見るならHONDA BigWingが良いだろう。

 

 

1階には試乗のカウンターがあった。

 

f:id:THAILAND:20180116122429j:plain

 

レンタルはしていないらしい。

試乗は敷地内だけなのかな?

 

f:id:THAILAND:20180116122543j:plain

 

 

 

1階の奥は修理工場と修理カウンター。

修理待ちなのか納車前なのか、ただ駐輪してるだけなのか、いろんなバイクが停めてあった。

f:id:THAILAND:20180116123515j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116123616j:plain

 

X-ADV 415000Bらしい。(2017年のタイの記事より)

約140万円!!!(日本では123万円位)

ここで販売してるのかな?

展示車両は見当たらなかった。

 

 

f:id:THAILAND:20180116123722j:plain

 

 

 

 

 

入り口の左側にはショールームっぽいのがあったが開いてなかった。

 

f:id:THAILAND:20180116123018j:plain

 

その前にはオフ車がたくさん停まってた。

 

f:id:THAILAND:20180116123858j:plain

 

 

 

入り口から入ったすぐの建物の2階は綺麗なショールーム。

f:id:THAILAND:20180116123147j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116124043j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116124109j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116124132j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116124208j:plain

 

f:id:THAILAND:20180116124230j:plain

 

Rebel500

22万Bらしい。

Rebel300は14500B〜らしい。

 

ちなみにタイではアメリカンバイクの事

チョッパーと呼ぶ。

というか、日本だけ?アメリカンっていう呼称?

 

昔はアメリカンバイクと言えばHONDAのスティードが有名だったと思うんだが、HONDAさんもアメリカンあまり作らなくなったんだね・・・。

残念。

 

 

 

 

 

タム・カオ・ルアン・ケーブ @ペッチャブリー

ホアヒンからの帰路にタム・カオ・ルアン・ケーブ(Tham Khao Luang Cave)に行ってみた。

 

本当は、プラヤーナコーン洞窟クーハーカルハット宮殿に行きたかった。

tripping.jp

プラヤーナコーン洞窟に行くには、

朝早く出発。

山道を30分以上歩く。

という難題があったので、チビ連れとして断念。

 

 

なので、手軽で更にホアヒンからの帰り道で行けるタム・カオ・ルアン・ケーブに行くことにした。

ホアヒンからバンコク方面に向かい、1時間くらいで到着。

 

山の下の駐車場には猿が待機。

それを見て我が一団は冒険を断念する方向に向かっていた・・・。

f:id:THAILAND:20180108160510j:plain

 

 

 

先日行ったカオタキアップでの悪いイメージが、まだ一団には残っていた。

 

以下、カオタキアップでの猿の様子。

餌に飛びつく猿や、猿同士の争いも凄かった。

f:id:THAILAND:20180108160856j:plain

 

 

しかし、ここの猿たちは、あの猿たちより大人しそうに見える・・・。

 

 

 

 

ここは観光客が少なく、入場料が無いようだった。

その代わり、8合目くらいまでシーロー(小さいタクシー)で行ける。

徒歩でも10分くらい歩けば行けるらしいが、できるだけ歩きたく無いタイ気質な私たち一団は人15B(だったと思う)を払い、シーローで上を目指す。

 

1〜2分で8合目の駐車場まで到着。

 

f:id:THAILAND:20180108164208j:plain

 

 

そこから徒歩2〜3分ほど、整備された階段を登る。

 

f:id:THAILAND:20180108164116j:plain

 

すると洞窟の口が見えて来る。

期待していたものより凄くて、驚いた。

吸い込まれそうになるくらい深い穴が空いていた。

 

切り立った崖に階段が設置されており、どんどん奥に降りて行く。

すると地面はレンガで綺麗に整備はされてはいるが、上は自然園そのもの。

(英語とタイ語の注意書きで、上から自然のモノが落ちてくるので注意!と書いてあった。)

 

f:id:THAILAND:20180108162124j:plain

 

 

 

仏像も寝釈迦もあった。

 

f:id:THAILAND:20180108162210j:plain

 

 

 

この洞窟を下から見上げると、ハートの形に見えるらしい。

 

f:id:THAILAND:20180108162433j:plain

 

おーーー

インスタ映えする絵だな!

(ていうか、インスタ映えが一発変換されることに驚き!)

 

 

更に奥に進むと寝釈迦があり、その先に行くと

 

f:id:THAILAND:20180108162544j:plain

 

 

おーインスタ映え!(本日2回目)

 

こちらも上から日が差し込んで幻想的な感じ。

時間によって日のさし方が違うので、到着時間は気にした方が良いと思う。

ちなみにこの写真は、13時位の撮影だったと思う。

 

 

洞窟の中なのに仏塔も。

 

f:id:THAILAND:20180108162913j:plain

 

 

さらに奥に進んだが、工事中なのか、工事失敗なのか上に登る階段はあるのだが進入禁止となっていたので、引き返してきた。

 

 

タイの人たちは仏像を拝んだりお供えをしているようだったが、タイ以外の国の人は写真を撮ったり洞窟を見て回るだけの様だった。

 

 

 

しかし手軽に行けて、こんなに凄いものが見られたので、かなり満足した。

 

f:id:THAILAND:20180108163410j:plain

 

 

 

場所は以下。

 

ドゥシタニ  @ホアヒン

6年ぶりに位にドゥシタニ ホアヒンに宿泊した。
ホアヒンと言ってもホアヒン空港の少し手前、ぎりぎりチャームのエリアなのかな。
隣りはシェラトンホテル。

 


今回はアゴダでもCtripでも無く、直接ホテルで予約した。

同じタイミングでも空いている部屋のタイプが違っていたので、ポイントや、キャッシュバック的なものを諦めて、ホテル直接の予約を選んだ。価格はどれもそれ程変わらなかったと思う。


受付けは混んでなくスムーズにチェックインできた。

部屋はホームページの写真より広く感じた。エグゼクティブラウンジのある棟なので目の前は小さいプールが見える。

f:id:THAILAND:20180104195123j:plain

 


アゴダで備考欄にベビーベッド(コット)をお願いした時は、チェックイン時に用意されていた事はないが、今回はホテル直接だったからなのか、ドゥシタニだったからなのか、ベビーベッドも、エキストラベッドも既に設置されていた。

シャワー室のシャワーの水圧はさまぁ~ずの大竹でも満足のいくものだと思う。しかしバスタブ側の水の出が良くなかった。貯めるのに少し時間がかかった。

それ以外はまあ満足のいく宿泊だった。

f:id:THAILAND:20180104195313j:plain

 

 

朝食はサラダ、卵料理(目玉焼き、オムレツ、スクランブルエッグ、ポーチドエッグ、ゆで卵)、ハム、チーズ、海苔巻き、タイ料理3種類ほど、インド系も3種類ほど、中華系もあったと思う。西洋料理は魚1品、肉1品だった。

f:id:THAILAND:20180104195809j:plain

 

 

おかゆに、ソイミルク、フルールジュース。

パンも8種類くらいあったのかな?食べなかったので記憶がない。

f:id:THAILAND:20180104200121j:plain

f:id:THAILAND:20180104200421j:plain

f:id:THAILAND:20180104200455j:plain

 

 

 

f:id:THAILAND:20180104200552j:plain

 

f:id:THAILAND:20180105145101j:plain

 

 

 

ワッフルや、クレープもあった。

ヨーグルトや、フルーツもあった。

f:id:THAILAND:20180105145200j:plain

 

f:id:THAILAND:20180105145305j:plain

 

f:id:THAILAND:20180105145230j:plain

 

クイッティアオは4日サイクルで変わってたと思う。バミーは無かった。

 

 

f:id:THAILAND:20180105145739j:plain

 

 

クオリティーは、ミレニアムヒルトンの朝食とそんなに変わらないかな。アナンタラリバーサイドより少しだけ劣るかな?という印象。でもそんなに大差はないかなー。

 

 

 

以前来た時、目の前のビーチは良かった。

しかし潮のせいなのか風のせいなのかビーチの砂が流れちゃって無残な姿。

砂の補充とかしないのかな?

 

f:id:THAILAND:20180105145451j:plain

 

土嚢で補強したのだろうが、波が強すぎて土嚢が崩壊。

ゴミにしか見えない。

 

そんな高波のなか、はしゃぐファラン。

f:id:THAILAND:20180105145628j:plain

 

 

あいにくの天気でプールに1度も入らなかった。

f:id:THAILAND:20180105145833j:plain

 以前来た時はプールでよく遊んだ。深いプールや、浅いプール、ジャグジーもあるし、プールバーもありとても充実している。

 

 

1日目の夜は移動で疲れていたのでルームサービスでラムチョップやら、サテ(タイの串焼きカレー味)などを食べた。とても満足のいく味だった。

しかし翌日オーダーしたスイーツは値段の割にがっかりとしたモノだった。

メニューの写真のような美味しそうな感じとはかけ離れていた。

f:id:THAILAND:20180105145925j:plain

 

f:id:THAILAND:20180105150034j:plain

 

 

 

夜はクリスマスのライトアップがされており綺麗だった。

 

f:id:THAILAND:20180105150131j:plain

 

奥にはサンタも!

f:id:THAILAND:20180105150241j:plain

 

近づくと

 

 

 

f:id:THAILAND:20180105150315j:plain

 

 

怖っ!

 

アーティスト ヴィレッジで絵画体験 @ホアヒン

Artist Villageに行ってきた。

レストラン、カフェ、ギャラリー、絵画教室があるようだ。

駐車場がそんなに広くなく、団体さんはあまりこないのかな?

f:id:THAILAND:20180105175635j:plain

 

 

早速カフェに行ってみた。オサレ!

f:id:THAILAND:20180105174108j:plain

 

店内には作品や、古物が飾ってあった。

 

f:id:THAILAND:20180105174608j:plain

f:id:THAILAND:20180105174724j:plain

 

ほとんどのモノに値札が付いていたので売り物なんだろう。

 

 

 

カフェもレストランも池に面している。

f:id:THAILAND:20180105174308j:plain

 

f:id:THAILAND:20180105174354j:plain

 

 

カフェのメニュー

f:id:THAILAND:20180105174819j:plain

 

 

タイ人アーティストのイラスト?

f:id:THAILAND:20180105175006j:plain

f:id:THAILAND:20180105174920j:plain

 

 

ヤシの実でできた鳥の巣?

f:id:THAILAND:20180105175134j:plain

 

ココナッツ削り機!?

f:id:THAILAND:20180105175235j:plain

 

 

カフェの奥がアーティストヴィレッジらしい。

値段は忘れたが、入場料をはらっていざ芸術村へ!

 

f:id:THAILAND:20180105175506j:plain

 

 

絵を描いている人がいたり、作品が飾ってあったり。

f:id:THAILAND:20180105175850j:plain

f:id:THAILAND:20180105175827j:plain

タイの土産物やで良く見かける、ベタな絵からJJウィークエンドマーケットの奥にあるギャラリーで良く見る抽象的な絵までいろんな絵があった。

 

 

木製?の恐竜。

f:id:THAILAND:20180105180139j:plain

 

f:id:THAILAND:20180105180201j:plain

 

 

ここを通り抜けると絵画教室?に行ける。

キャンバスや、無地のお面、無地の木箱を選び、自分でペイント出来る。

以下は先生の作品かな?

f:id:THAILAND:20180105180905j:plain

 

1時間で大人150B、子供100Bだったと思う。

キャンバスや箱も100B程度だった。

紙にニックネームと、キャンバス(お面)の値段を書けば、後は自由にペイント出来る。(後精算で、時間もきっちりと計ってない感じだった。)

服の汚れが気になる人はエプロンだって借りられる。

 

 

お客さんはほとんど西洋人だった。

f:id:THAILAND:20180105180746j:plain

f:id:THAILAND:20180105181105j:plain

 

 

 

絵の具は水彩だったと思う。

シンナー臭さは無かったし、筆も水洗いでOK。

ノリや、スパンコール?も有り、自由にデコって良い。

f:id:THAILAND:20180105181243j:plain

 

作品を早く仕上げたい人は、ドライヤーで!

f:id:THAILAND:20180105181351j:plain

 

冒頭に絵画教室と表記してしまったが、ここは教室ではないらしい。

現場に英語で説明文があり、さっと読んだだけなのだが、

ここは先生はいません、アートを教えません。

必要なら描き方を教えます。的なコトだったと思う。

 

 

要は、好きなように自分で描いてください!ってコト!

 

 

チビが描き始めて30分ぐらい経った頃、作品を持ち帰る紙袋をスタッフに渡されて、『自由に描いて良いよ!』と言われたので、チビのフォーローを止めて絵を描いた。

 

いやー 楽しかった。

 

 

 アーティスト ヴィレッジのHPは以下。

Hua Hin Artist Village – Also known as Baan Sillapin

 

 

 

 

For Art's Sake @ホアヒン

For Art's Sake

 

翻訳サイトで意味を調べると

 

For Art's Sake = 芸術の目的のために

 

意味 わ か ら な い 。

 

 

 

同行者がトリップアドバイザーで発見し、行っていみたい場所N.o1だった所。

なので下調べはほぼなく、トリックアート系というコトだけを教えてもらいFor Art's Sakeに行ってみた。

 

タイ在住の証明ができれば大人180B、そうでなければ300B。

身長100cm未満は無料。

 

入ってすぐにレッドカーペットでトムクルーズっぽい人と、アンジーっぽい人が出迎えてくれる。

https://f.ptcdn.info/752/018/000/1399647476-IMG1678-o.jpg

 

 

レッドカーペットの次はフェラーリ。

高級車と一緒に撮影できる。

 

f:id:THAILAND:20180108143426j:plain

 

車のタイヤに注目。

f:id:THAILAND:20180108143628j:plain

 

カメラマンの立ち位置が悪いと、絵が歪んでしまう。

ちなみに立ち位置は足跡のマークで示してある。

 

以下は違う絵の足跡マークだが、基本的に1作品につき1つの足跡マークがある。

f:id:THAILAND:20180108143747j:plain

 

基本的に、壁と地面の両方に絵が描かれており、指定の立ち位置で写真を撮ると良い感じになるみたい。

身長の高低で、ある程度の誤差は生じるが、少し調節すれば良い感じの写真が撮れる。

デジイチや、ミラーレスで撮るよりも携帯のカメラが一番しっくりくる絵が撮れる気がする。広角のレンズがトリックアートに合っているのかな?

また、照明の具合によっては、絵に近すぎると影が邪魔をする場合もあるので少し注意が必要かも。かといってフラッシュを焚くといい感じにならない場合が多かった。

まあ、気にせずバシバシ撮るのが楽しいかも!

 

 

ミラーを使った作品もあった。

f:id:THAILAND:20180108144024j:plain

 

 

椅子のトリックアート。

f:id:THAILAND:20180108144059j:plain

 

スタッフがいない所があり、撮り方が良くわからない場所もあった。

しかし、いる所でははポーズから、表情まで全て指示して写真まで撮ってくれるスタッフもいた。

写真の撮りすぎと、無理な姿勢を何度もしたのでとても疲れた。

 

f:id:THAILAND:20180108154554j:plain

 

f:id:THAILAND:20180108144344j:plain

f:id:THAILAND:20180108144317j:plain

 

 

思いの外、楽しめる施設だった。

 

 

 

facebookのページ。

www.facebook.com

 

写真の成功例がいっぱい載ってるページ。

https://pantip.com/topic/32029521

 

 

 

バンコクにも同じような施設があるらしい。

Art in Paradise Bangkok

 

3Dトリックアート美術館「アートインパラダイス(ART IN PARADAISE BANGKOK 3D)」ーMRTタイカルチャーセンター | 夫婦ふたりバンコク滞在生活まめタイ

ディナービュッフェ @マリオット soi22

マリオットのディナービュッフェに行った。
前はインペリアル クイーンズパークだったんだっけ?知人のお迎えや和食レストランを利用しただけで宿泊はしていないが、場所と大きさは凄いが、いまいちパットしない感じだったと思う。
しかし、マリオットマーキスという事で、他のマリオットよりもワンランク上という格付けに生まれ変わったらしい。

駐車場の感じは以前と変わってなかったが、一階のロビーは豪華になった気がする。


ビュッフェ会場は、フロントの右奥に位置してたと思う。名前はGoji Kitchen & Bar

 

f:id:THAILAND:20180104182736j:plain


年末なのでほぼ席は埋まってた。

タイ人客が多くて西洋人は少し、中国人ぽい人も少なかった。日本人は居なかったと思う。お寿司カウンターにスタッフの日本人はいたけど・・・。

 

ビュフェの内容は結構良いと思う。
生牡蠣3種類。蒸し?湯でた蟹も3種類あったかな。

f:id:THAILAND:20180104182822j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104182847j:plain

 

 

蟹のあるコーナーではお寿司もあった。

f:id:THAILAND:20180104182926j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104182947j:plain

 


しかし今回は、タイの食ブログ会のクイーンであるサーヤのブログにある様な感じの豪華さは無かった。
アップされてる写真とは違い、鯖やハマチは見当たらず、マグロとサーモンが多かった。頼めばホタテは出てくるみたいだった。

それでも一緒に行ったタイ人は満足そうにサーモンやマグロを食べていたので、美味しかったのだと思う。


蟹コーナーではポン酢がなく、タイ風のシーフードのタレが置いてあった。

なので、醤油にレモンを絞って即席ポン酢で食べた。

 

f:id:THAILAND:20180104183036j:plain

 


牡蠣はイマイチ。

サイズが小さいし、プリプリ感がゼロ。

そして補充が遅い。

f:id:THAILAND:20180104183211j:plain

 

 

ラム肉やポーク、ビーフのグリルもあった。

f:id:THAILAND:20180104183541j:plain

切ってから少し焼いていてもらった。

 

f:id:THAILAND:20180104185042j:plain

 

 

 

洋食系。

f:id:THAILAND:20180104184739j:plain

f:id:THAILAND:20180104183410j:plain

 

 

フォアグラや、パスタはオーダーして作ってもらう。

f:id:THAILAND:20180104184829j:plain

f:id:THAILAND:20180104184852j:plain

 

フォアグラはこんな感じ。

f:id:THAILAND:20180104184936j:plain

 

 

 

大きな魚のグリルも。

f:id:THAILAND:20180104183331j:plain



 

メキシカンのコーナなのか、ナチョスや、サルサソースっぽいのもあり、メキシカン好きな私には嬉しいビュッフェだった。

f:id:THAILAND:20180104183647j:plain



インド系?

f:id:THAILAND:20180104183509j:plain



 


タイ料理では、パッタイやクイッティアオ、そしてソムタムは3種類あった。

f:id:THAILAND:20180104183838j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104183903j:plain

 


タイ風のグリルコーナーもあった。

f:id:THAILAND:20180104183933j:plain

 

 


中華のコーナーも良い感じだった。

f:id:THAILAND:20180104184012j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104184036j:plain

 

 

 

チーズの種類もハムの種類も豊富。生ハムもあった。

f:id:THAILAND:20180104184222j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104184104j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104184125j:plain

 

 

サラダコーナーも良い。シーザーサラダもお願いできる様だった。

f:id:THAILAND:20180104184155j:plain

 

 

 

スイーツも多種多様。タイ風スイーツから、普通のケーキもおおくあった。

 

f:id:THAILAND:20180104184412j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104184437j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104184456j:plain

 

 

味は少し甘すぎるのが多かった印象。日本人仕様のあまさではない感じ。


まあ、『このスイーツ、甘くなくて美味しい!』って、

矛盾してる表現なんだけど!

 

 

アイスクリームのコーナーもあり、ヨーグルト味を食べた。

甘すぎなくて美味しかった。

 

かき氷器あったが、注文してる人は居なかった。

f:id:THAILAND:20180104184532j:plain

 

全体的に満足のいく内容のビュッフェだった。

同行者が酒を飲まない人達だったので今回は飲まなかったが、お酒を頂きながら食べるとまた違った満足感が得られるディナーになったと思う。

 

 

飲み物リスト。

f:id:THAILAND:20180104184615j:plain

 

f:id:THAILAND:20180104184656j:plain